買取実績


【Nゲージ】KATO・221系近郊電車6点

photo

221系/JR西日本初の新系列

221系は、1989年に京阪神地区の「新快速」用として登場しました。一の位を「1」とし「221」という番号を与えたのは、JR西日本として初の新系列であることを込めたそうです。よって、国鉄最後の新系列である213系の続きとはなりませんでした。

まず東海道・山陽本線や関西本線に投入され、後継の223系が登場すると、阪和線や福知山線などに活躍の場を広げました。当初の役目だった新快速からは2000年に撤退。225系が登場した現在では普通運用が目立つようになりましたが、依然としてアーバンネットワークの広い範囲で活躍しています。

2012年からは順次リニューアル工事が行われており、内外ともに変化が生じています。車内においては座席モケットや化粧板を交換し、223・225系に準じた仕様に更新されています。また、前面はJRマークが撤去され、新たにLEDによる行先表示器が設置されました。スカートも強化型のものに変更されており、塗装は登場時と変わらないものの、外観の印象は大きく変化しています。

鉄道本舗では、鉄道模型を中心とした買取サービスを提供しております。ご自宅で余らせている品物がありましたら、お気軽にご連絡ください。出張または、宅配にて買取いたします。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」