コラム

買取り方法の定番!【宅配買取り】をご存知ですか…?

鉄道本舗では買取り方法として

『出張買取り』『宅配買取り』

と言う二つのサービスを展開し買取りをさせて頂いております。

その中で、ご好評を頂いている宅配買取りについて
今回はご説明させて頂きます。

宅配買取りとはその名の通り宅配業者を使って売りたい商品を
送ってお見積をしてもらう方法となります。送料については
業者によってルールがあり、完全に無料の着払いの業者も
あれば買取り価格1,000円以上の場合は送料無料と言う業者
もあれば、元払いしか受け付けないと言った業者も存在します。

業者の立場から考えると、そもそも売る気も無いのに見積だけ
(鑑定)させられて金額を伝えたところ返送希望を
出されてしまうリスクを考えると届いた際は着払いにして、万が一
返送希望があった際は着払いで返すと言った対応をとる事もあります。
※弊社も昔はこのような考え方で着払いの返送でした。

しかし、一定水準の買取り価格を算出させて頂く事で返送希望と
言うのも少なくなりますし、送った際も返送の場合も送料無料で
対応してもらえると言う事はお客様にとってリスクも少なく安心して
買取りが実施できるサービスとなっていると感じております。

買取りに対し如何に敷居を低くし宅配サービスをご利用いただけるか?
と言う部分でこの安心感を十分に理解して頂いて上でサービスを
ご利用して頂き満足をして頂きたいと考えております。

また、宅配と言う事で買取り業者と顔を合わせる事が無いので、
所有物を見られたくないと言う人にとっては気軽に換金ができる
方法だと感じております。

お電話一本で宅配業者さんが玄関先まで取りに来ていただける
サービスでもありますので、車が無い、時間が無いお客様に
とってもご好評頂けるサービスです。

Posted in コラム | Tagged , , | Leave a comment

丁寧に売り先を考えたら高価買取も狙える【鉄道グッズ】を調べてみる。

丁寧に売り先を考えたら高価買取も狙える【得意商材】を調べてみる。

必ず高価買取りが可能な商品の特徴として
新品・人気商品・高単価品の三拍子揃った商品となります。

当たり前と言えば当たり前の高価買取り商品ですが、買取り業者
によって得意分野、不得意分野がわかれ、この中からも更に
高価買取りを狙えるてて集うグッズが出てきます。

まず、買取り店では鉄道模型を扱っていても鉄道書籍は扱わない、
スマホで言えば個人情報端末の入った電化製品は扱わない等のルール
があり、買取りを依頼する業者に該当する商品を好んで買取りができるか、
確認をする必要があります。

なので、高価買取りを狙う前に何が買取り不可で、どんなジャンルの
買取りが得意なのかリサーチしておくと買取りがスムーズでしょう。

また、買取り依頼をするお店がどのようなルートで販売をするか?
これが高価買取りへの秘訣であり、根幹を担う部分です。

どんな買取り業者でも最終的に利益を載せて販売をする訳で
あるので、いかに原価に利益を載せて販売ができるのか?

売り方を常に研究をしています。リアル店舗とネット販売業者
では売れ筋がまったく変わってきますし、都会型や田舎型の
リアル店舗でも商品の動き方が変わりますので、特性を掴み
お店が売りやすい商品を売る事が高価買取りの一つと言えます。

Posted in コラム | Tagged , , , , | Leave a comment

不用品を高く売るコツ

不用品を高く売るコツ

まず、買取り対象商品を購入された時から遡って下さい。
商品を購入された時の箱、説明書、保証書など新品購入時に
商品と共に付属していたモノは全てとっておく事をお勧め致します。

リユース業者は基本的に買取りさせて頂いた商品を分解する事無く、
再販を基本として買取りをさせて頂いております。

なので、箱の有無や説明書、保証書の有無で買取り価格は
異なる事が往々にあります。突起物が多い商品などについては、

専用の箱であれば梱包の必要もなく、その分商品化を進める際の
人件費を浮かせる事ができる為、専用の箱は取っておく事を強く
お勧め致します。

また商品名などが分からない場合は説明書などを読み込み名前を
調べ適正価格での買取りを実施させて頂ける事が可能です。

もし商品名がわからない場合や動作を確認する事ができなければ
適正なお見積価格で買取りをする事ができず、買取り業者が
万が一にもハズレを引いてしまっても痛くない買取り価格と

なってしまうので必ず箱と説明書などは捨てずに保管しておく

事をお勧め致します。

なお箱等の保存状態については、さほど気にする必要は
無いかと思います。

本体の保存状態は非常に良い状態が好ましいですが、
箱事態の保存状態は多少傷んでいても箱として機能する。

説明書の文字が読める程度であればまったく問題はないと感じます。

Posted in コラム | Tagged , , , , , | Leave a comment