【買取編】鉄道部品を買取ってもらう場合の注意点

■悩める鉄道部品の扱い方

鉄道部品!?が家にある。フリマアプリで売ってみたいけど、部品の名前がわからない。。そして重いし、汚れているし。。だったら買取してもらいたいけど本当に鉄道部品なのか?本物なのか?偽物なのか?そもそもどこに買取を出して良いかわからない。。。そんなお客様の為に記事を書いてみました。

■鉄道部品といっても様々あります。

鉄道部品には様々なものがあります。ナンバープレートやサボ、また、行先板やホーロー看板などもそうなのですが、車掌の制服、制帽、腕章といったものも鉄道部品となります。もちろん、どんなものでも、購入した鉄道ファンにとっては思い入れのあるものです。あまりにも多くの種類があり、全てを挙げることは難しいです。一般的には列車に関するもの、駅に関するもの、従業員に関するものというように、いくつかの種類に分類することができます。本来、制服等は部品とは言わないのかもしれませんが、鉄道ファンの間では、これらを全てまとめて鉄道部品ということになるのです。これらの鉄道部品で困ることになるのが、いろいろと集まってくると保管場所に困ってしまうということです。ものによっては小さなものばかりではなく、大きなものも含まれます。特に車輛や駅に関するものなのはかなり大きなものもあるので、家の中に保管すると、生活のためのスペースがどんどんなくなってしまうのです。お金に余裕があれば、広いスペースを確保することもできるのですが、なかなか趣味のためにそこまでお金をかけられるという人は少ないでしょう。ですから、友人や知人に譲ったり、中古で買取をしてもらうということも考えなければならなくなるのです。

■鉄道部品を買い取ってもらう場合の注意点

鉄道部品の買取を考えた時に難しくなるのが、それぞれの鉄道部品の買取金額ではないでしょうか。あまり一般的でないため、買取の適正金額がわからないのです。もちろん、希少な鉄道部品に関しては、ある程度高額で買い取ってもらえるということはわかるのですが、実際に金額については査定を受けなければわからないということになってしまいます。ですから、鉄道部品の買取に関しては、専門の業者を利用するのが一番ではないでしょうか。専門の業者であれば、どういったものに希少価値があるかというのも分かっていますし、何より、鉄道に関するものであれば、どんなものでも買い取ってもらうことができるというメリットもあるのです。一般の中古買取ショップでは値がつかないようなものであっても、専門店であれば、きちんと金額がつくのです。自身で集めたものであれば、価値は把握できるのですが、自分には全く鉄道に興味がなく、亡くなった父や祖父が残した鉄道部品だとしたらどうでしょうか。自分にとってはごみとしてしか見れないのではないでしょうか。自分ではその価値が判断できないので、ひょっとしたら非常に価値のあるものをごみとして処分してしまうかもしれないのです。それを考えれば、専門の業者に依頼して買い取ってもらうことができれば、意外な大金を手にすることができるのかもしれません。

■高額買取してもらうためのコツ

鉄道部品に関して、高額で買取をしてもらうにはいくつかコツがあります。まずは、買い取ってもらう業者の選択です。中古品の場合、定価というのは存在しませんし、あっても相場という程度です。また、その鉄道部品ごとに価値も違ってくるので、同じホーロー看板であっても1枚ごとに価値が違ってくるのです。また、出張買取では、そのままの鉄道部品をみて査定をしてもらえるのですが、お住いの地域によっては出張買取をすることができない場合があります。その場合は、自分で店舗に持ち込んで査定をしてもらうか、宅配買取で査定をしてもらうかしかありません。その場合、鉄道部品の梱包の仕方によっても査定金額に違いが出てくるのです。基本的には段ボールに梱包するのですが、段ボールに梱包できない大きなものの場合、新聞紙でくるんで段ボールやエアクッションで保護しておけば傷がつくこともありません。輸送中に傷がついてしまうと、どうしても査定金額が下がってしまうのです。また、制服などは段ボールに梱包することになりますが、その際にきちんと折りたたんでおいたほうがよいです。適当に入れてしまうとしわが入ったり、ボタンがとれてしまうことも考えられるのです。こういった点に注意することで少しでも高く買い取ってもらいましょう。

Posted in コラム | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」