人気のNゲージ近鉄の買取相場・人気シリーズ

■Nゲージ近鉄の買取相場は?

日本の住宅事情を考えれば、これからは鉄道模型はNゲージの時代と言えるかもしれません。HOゲージよりもコンパクトであるということは、狭いスペースでも大きなジオラマを組むことができるのです。ジオラマを組みなおす場合、新しい車輛やパーツを購入するのですが、不要になった車輛をどう処分するかです。

中古での買取をしてもらえれば、新しいものを購入する際の足しにもなるのではないでしょうか。また、自分が大事にしていたものを、他の誰かが大事に使ってくれるのは嬉しいことですよね。

実際の中古での買取の相場はどうなっているのでしょうか?近鉄など多くは定価の3割程度が相場となっています。また、Nゲージを中心に扱っている店舗などでは、比較的買取価格も高めとなっているようです。高額で買取をしてくれる店舗では、状態にもよるのですが、定価の半額ほどで買い取ってくれる店舗もあるようです。もちろん、新品未開封といった場合に高額になりますから、使用が認められたり、開封済みのものではどうしても価格は下がってしまいます。とはいえ、コレクションではない限り新品未開封というのは難しいのではないでしょうか。どうしてもレールの上を走っている雄姿を見たいですしね。但し、開封済みの場合でも付属品や箱はきちんと保管しておきましょう。

■Nゲージ近鉄の人気シリーズ

近鉄電車で人気となっているのは、やはり特急の50000系しまかぜではないでしょうか。この青いボディに洗練された先頭車輛、これは鉄道ファンでなくても美しいと思わせるものとなっています。他にも23000系伊勢志摩ライナーや30000系ビスタカーが人気となっています。


↑近鉄30000系ビスタカー

この50000系しまかぜは、2013年から運行を開始しており、2014年にはブルーリボン賞を受賞しています。ブルーリボン賞というと映画のイメージがあるのですが、鉄道においても同名の賞が存在します。年間で1車輛のみが受賞できる賞で、50000系しまかぜは運航開始の翌年に受賞しているのです。

↑近鉄10100系・新ビスタカー鉄道友の会ブルーリボン賞受賞車両

ビスタカーに関しては、ビスタカーII世、ビスタカーIII世が受賞しています。30000系ビスタカーはビスタカーIII世なのです。実車輛で人気となっている車輛に関しては、Nゲージなどの鉄道模型の世界でも人気となっている傾向があります。人気の車輛に関しては各メーカーから発売されています。中には、自作したり、他のゲージからNゲージを走れるように改造して走らせている場合もあるようです。

■一番高価買取するのは、鉄道本舗だけ

Nゲージの車輛やジオラマを中古で買い取ってもらう場合、できれば高額で買い取ってもらえたほうが嬉しいですよね。そのためには、多くの店舗や買取専門の業者で買取の見積もりをしてもらうのが一番です。というのも、店舗ごとに買取金額が異なるからです。最近はインターネットを使用して一括見積というのもできますから、こういったものを利用するのもよいでしょう。

一般的には、買い取りに力を入れている業者が最も高い金額で買い取ってくれる傾向があります。鉄道本舗は鉄道模型の専門店であるため、高額で買い取りさせて頂きます。様々なものを扱うよりは、販売ルート等も確立しているので、高額での買取が可能になるのです。

新品の販売の場合、金額設定については、定価をベースに考えられるのですが、中古となると、どうしても需要と供給の関係で買取価格も販売価格も変わってきます。その需要と供給をベースにしつつ、該当の製品の状態で価格が決まってくるのです。もちろん、人気の近鉄車輛など、レアなものであれば、多少状態が良くないものでも高額での買取は可能になりますし、新品未開封などであれば、定価よりも高額で買い取ってくれる場合もあるのです。

鉄道本舗では買取依頼をすれば、自宅にいながら買取をしてもらうこともできます。店舗のホームページから必要事項を入力し送信するか、電話で依頼すれば、買取用のキットが送られてきます。そのキットに梱包して送るだけで、買取を行ってくれるのです。

出張買取りの場合はHPに出まくっている石川代表が直接ご指定の場所へ出向いてくれる事も魅力の一つです。

Posted in コラム | Tagged , , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」