TH鉄道本舗

買取コラムかいとりこらむ

鉄道模型を千葉県内で出張買取りをさせて頂きました。ED75 JR貨物色について解説

買取実績

2021.03.01

今日はED75電気機関車JR貨物色の買取について解説をさせていただきます。

ED75 JR貨物色とは

1988年にJR貨物が新しくなったJRをPRするために試験塗装として施されたカラーリングです。

ED75 122号機、126号機、1004号機、1005号機も同じカラーリングが施されました。

基本となる赤色のボディーに黒の太い帯が入り側面をベージュ色の塗装でひときわ目立つカラーリングとなりました。

ED75、ED76はカラーリングに重きを置いているのか独特なカラーリングを施した車両が多いような気がします。

↑ED76 37号機のような青色と紺色の塗装を施したり。

↑ED76 551号機のような赤色とグレーのツートンカラーに白い帯を入れたり。

やはりカラーリングにデザイン性の持った機関車が多かったと感じます。

カラーリングの個性の強い機関車が揃っていると機関区を作るときでも派手になるので非常に集めることが楽しい鉄道模型収集になるのではないでしょうか。

買取りワンポイントアドバイス

電気機関車を持っている方は同じ車両を何両も持っていることがあるので上記の画像のように同じデザイン同じカラーのものをたくさん同時に売却をされることがあり。

よくある質問として『同じ車両は1両しか買取り出来ませんか?』と聞かれますが、同じ車両が何両あっても喜んで買取をさせていただきます。

買取りのまとめ

他にもED76試験塗装機の自家塗装されたものでも買取可能です。

売却を検討されているED76電気機関車がありましたら是非、鉄道本舗まで買取りのご依頼をお願いいたします。