山手線で運用されてきたJR東日本車両E231系500番台山手線から姿を消す

山手線で運用されてきたJR東日本車両E231系500番台山手線から姿を消す

2002年登場の231系500番ですが2020年1月をもって山手線から運用を外れます。その後は転用改造をされ中央・総武線で活躍する事になります。

https://news.mynavi.jp/article/20200111-e231500/

個人的には電車の顔が無い(ライトが運転席より下にある)電車は苦手ですね。例えばキハ40などヘッドライトはおでこにあっても赤いテールランプがある車両は好きですが。のっぺらぼうのようで何か苦手です。

山手線も19年で車両が変わり次々と次世代の車両にバトンタッチしていきます。今は見慣れないE235系も、当たり前の光景になり10数年後は改めて引退の話が浮上してくる見込みです。

次世代の山手線は恐らく運転手さんのいない車両になるのでは無いでしょうか?恐らくAI管理の運行など最新のテクノロジーが搭載される事は間違いありませんが20年近く先の未来はどうなっているかわかりません。

E231系500番台山手線から運用離脱に伴い記念ヘッドマーク掲出

話を本題に戻すと、E231系500番台が山手線から引退と言う事で記念のヘッドマークを掲出し走っているそうです。すでに本数もかなり少ないので、逆にE231系の山手線に乗る事ができたら非常にラッキーと言うか絶滅危惧種の動物に乗れた!レベルで感動しても良いかと思います。そのくらい貴重なので。

マニアの中には引退目前の車両をカメラに収めようと普段山手線など見向きもしない人がバシャバシャ撮影を試みていると思います。

さて、その掲出されたヘッドマークですが、引退したのちの処遇はどの様になるのでしょうか?恐らく1枚くらいは工場などで保管されるかもしれませんが、基本的には廃棄処分になるのでは無いでしょうか?こう言った記念部品の場合、処分を依頼された解体会社は確実に処分をしたのか、行程を一枚ずつ写真に撮って提出を義務付けられているとも聞いています。

それだけ、外部流出に気を使っているのですね。弊社も国鉄時代に「〇〇開通記念号」と言ったヘッドマーク的なモノの買取りが入ってきますが、イベント列車など一日限りで掲出が終わるようなモノだと木製でペンキで書かれているだけだったりと、写真で見るほど華やかでなかったりします。

車両に掲出されているからこそ、そう言ったヘッドマークはオーラを放つと思ういます。

なので、今回の山手線のヘッドマークも、木製までは行かないにしろ結構カンタンに作られたヘッドマークでは無いかな?と想像します。

また、イベントなどを通じて販売と言うのも恐らく可能性としては低いと思うので、思い出の中で取っておくと良いと思います。

山手線の歴史をゆるく解説

山手線の歴史は僕が解説しなくともたくさん記事は出てくると思うので、車両解説をゆるく進めて行きたいと思います。

初代山手線は63系と言う木造の車両でした。戦後まもなくの車両です。
※画像無し

2代目山手線は101系と言うカナリア色の車両でした。この頃は山手線=ウグイス色の決まりはなかったみたいですね。



3代目山手線は103系です。ここで初めてウグイス色が登場します。しかも車体カラー全体がウグイス色で山手線=ウグイス色と言うのがどこからでもわかって非常に良い発想です。

山手線がウグイス色になった理由は諸説あるようですが、一番濃厚だと私が思うのは特にこれと言って理由もないと言うモノです。中央線はオレンジ、京浜東北線は水色、総武線は黄色の中で、「緑」良いね。とそんな感じなノリなのでは無いでしょうか?詳しく調べたい方は鉄道ファン2001年7月号に塗装の理由が掲載されているそうなので確認してみるのも良いかと思います。

ちなみに色見本では黄緑6号となっております。

4代目山手線205系、私の中で山手線と言えばこの車両がドンピシャです。子どもの頃に鉄道の本を読むと山手線=205系でした。205系と言えば海外に渡った車両も多く、作りが非常にシンプルで丈夫な車両だったと言えます。



5代目山手線が今回山手線から引退するE231系500番台です。205系の面影を引き継ぎ、進化系の車両だったと言う事を感じます。



6代目山手線はE235系です。今までの山手線が横ラインを意識していたのに対し、次の車両では縦のラインを意識していると思います。

E231系500番台の部品は出るか?

部品放出については、可能性は少ないのでは無いでしょうか?方向幕も無いですし、基本転用改造され中央・総武線で活躍するので出てこないと思って良いと思います。なので、E231系グッズを手に入れたい方は模型を楽しみましょう。



KATO製のリラックマとコラボした可愛らしいE231系500番台の模型もあります。

まとめ

見慣れない見慣れないと言ってますが、東京の大動脈を環状線で活躍する列車なので、乗るごとに当たり前の雰囲気となり、またいつか引退の話も出てくる事でしょう。それまでに見慣れておいて運転手さんのいる山手線最後だったと思い出深い話もできるかもしれません※まだ自動運転になるかわかりませんが。予測です。

▼鉄道模型や鉄道部品などの買取りも実施中です。▼

出張買取,宅配買取