蒸気機関車ナンバープレート、ホーロー板の買取について

蒸気機関車ナンバープレート、ホーロー板の買取について

鉄道本舗では鉄道部品の買取りをさせて頂いて
おります。

IMG_1037

ナンバープレートやサボ、行先板、ホーロー看板
など実際の鉄道会社で使用されていた運行資料も
積極的に買取りをさせて頂いております。

【鉄道放出品】行先板・上野-東京・ホーロー製

■侮ってはいけない鉄道部品の世界

中でもナンバープレートやホーロー看板、サボと
言った鉄道の専門性の高い商品については販売価格
も数十万と言った金額が付くモノもあり、必然と
買取り価格も数十万単位になる商品が多いので、
真贋鑑定はもちろん査定価格の分かる鉄道の
買取店にお見積依頼を出す事が肝心です。

■買取依頼には少し手間を掛けましょう

特に高価買取り商品については必ず複数社
3社以上に見積を出す事をお勧め致します。

できれば画像も添えて事前お見積をすると
良いでしょう。

■人気の高い蒸気機関車のナンバープレート

蒸気機関車についていたナンバープレートは
非常に人気が高くネットオークションでも数十万
単位での落札となっております。

今回そんな蒸気機関車のナンバープレートの真贋
について少し書いてみます。

■蒸気機関車のナンバープレートの真贋判断について

蒸気機関車のナンバープレートの真贋について
気を付けるポイントは表面と裏面とネジ穴、
各箇所の傷み、汚れです。

ナンバープレートの事前見積をお願いする
場合は必ず表面はもちろん裏面も撮影し四つ角に
あるネジ穴も近影すると良いです。

裏面については実際に使用されていますと煤が
付着してあったりネジ穴には実際に使用されて
いた時の傷などが残っておりますので買取業者は
そういった部分をヒントに真贋の判定をします。

あと数字のエッジ部分の傷み具合や傷などを丹念に
見てまわります。

ちなみに石川は梅小路機関区や鉄道博物館で
本物を見てまわり本物の傷み方など実際のモノを
目で見て真贋鑑定に臨んでいます。

塗り直されてしまっている車両でも細かな傷
の付き方など見るポイントはあります。

中にはレプリカが錆びて本物のように見えてしまう
場合もあったりしますが、実際のナンバープレート
を見て勉強する事で真贋の対応に勤めています。

とにかくナンバープレートの真贋を学ぶ事に
ついては本物を直接見て学ぶ事がポイントになると
感じます。場数をこなす事で経験値が積まれて行く
と感じておりますので、鉄道本舗代表の石川は
これからも生涯蒸気機関車が動態保存されている
現場や鉄道博物館に出入りして真贋の腕を磨きます。

2015-09-25 13.04.09 - コピー

■次いで人気が高い鉄道部品はホーロー板

廃止路線や無くなってしまった鉄道会社のものなど
希少性が高くなり高価買取り対象となります。

駅名板 「みなみうらわ」 ホーロー製

需要と供給のバランスで世の中に出まわって
いる量が少ない程希少性が高い=高価買取に
繋がります。

■鉄道部品一覧

ここで一度鉄道部品とはどこまでを鉄道部品
として扱うか確認してみましょう。

ナンバープレートや駅名板、サボ、愛称板など
は鉄道部品として王道でしょう。一目で鉄道
関係のモノは比較的高価買取が期待できる
かもしれません。

次いでブレーキハンドル、通票、通票、改札鋏
(ハサミ)、スタフ、タブレット玉、行先幕・
方向幕、ダッチングマシンなどなど。

↓も鉄道に関わる部品です。

ATS表示機・他 鉄道部品・いろいろまとめ売り・放出品
鉄道部品なのか、何か機械の廃品なのか判断
がこのレベルに来ると難しいですね。

鉄道部品の世界は、タダの鉄の塊にしか見えない
ようなモノまで鉄道部品だったりするので気になる
商品は一度鉄道グッズの買取り店に画像を添えて
見積依頼を出してみると良いかもしれません。

余談ですが↓の商品は鉄道の部品ですが、どこに
使われる部品か分かりますか?

ブレーキシュー・鉄道グッズ・同梱不可/1点(zka) 1

 

 

。。。こちらの部品はブレーキシューと言って
ブレーキを掛けた際に減速する装置です。
ブレーキシュー・鉄道グッズ・同梱不可/1点(zka)

一見ただの鉄の塊にしか見えませんが、わかる人
には価値があるモノなのです。

もしご自宅にこの様な鉄道部品がある場合は
〇〇形式で使われていたなど詳細情報もわかると
さらに価値があがり高価買取の鉄道部品になります。

■上記↑画像は鉄道部品とわかりましたか?

一見、鉄の塊にしか見えない鉄道部品ですが、
好きな方から見ると夢の塊であったりします。

なかなか、鉄道好きで無ければ判断が難しく
もありますが、気になる商品があればお気軽
にお問い合わせを頂けるとありがたいです。

ではここで、鉄道部品でも人気の高い
ホーロー板について少し解説をさせて頂き
終わりとさせて頂きます。

■ホーロー板とは

ホーロー看板(琺瑯看板)とは1888~1889年頃に
誕生した金属製の看板に光沢のある塗装や印刷を
施して作られたものです。

一見ブリキ製品と見間違えてしそうな金属板
ではありますが、ガラス質の素材を使っており
春夏秋冬のある日本で耐久性のある金属板です。

鉄道のみならず町中で見かけるレトロでお洒落な
看板が人気で鉄道ファンならず日本中にファンが
おり、ネットオークションなどでも人気の商品と
なっています。

今でも現役で町中や鉄道会社でも使われており、
気に入ったホーロー看板は収集家のコレクション
対象になっていたりします。

若い世代には逆に新しく、年配の方は懐かしい
商品なのでは無いでしょうか。

愛称板・サボ 「踊り子」 ホーロー製【買取り価格:1,000円】

鉄道本舗ではホーロー看板も高価買取をさせて
頂いておりますのでホーロー看板の買取依頼は
鉄道本舗まで是非宜しくお願い致します。

Posted in コラム | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」