鉄道部品 特急シンボルマーク 高額査定◎東京 埼玉 横浜 千葉 大阪 北海道

こんにちは。

鉄道部品、鉄道グッズ買取専門の鉄道本舗の石川です。

本日は是非買取をさせて頂きたい商品の告知をさせて
頂きます。

その買取りさせて頂きたい商品はこちら!

特急シンボルマーク

です!こちらの部品は部品即売会などで
過去に販売されたモノなどがファンの方に
買われてお持ちになられているケースが
多いです。

国鉄時代の特急形車両の先頭車には、
一部の例外を除いていわゆる「特急シンボルマーク」
が車両の前面に付けられていました。

『特急シンボルマーク』について鉄道ファン
440号(1997年7月号)で特集記事が組まれております。

この特急シンボルマークの歴史はは、1958(昭和33)年
に登場したこだま形特急型電車の登場にあわせ
一般公募5,537作品の中から決定されました。

039

この応募作品をもとに決定した国鉄の仕様では、
材質は砲金鋳物製、凸部分は金色のバフ仕上げ、
凹部分はいぶし銀白色の塗装とされていたようです。

電車用は左右の幅が80cm、中央部の高さが25cm
のものが、気動車用は左右の幅が50cmの小型の
ものが取り付けられたそうです。

言われてみると気動車のマークは小さいですね。

DSCF1265

やはり、国鉄特急車両にはこの特急シンボルマーク
が非常によく似あいますね。

もし、この特急シンボルマークが仕入れられた際
は会社に飾って会社のシンボルにしたいと考えて
おります。

話しはそれますが、私の特急シンボルマークの
楽しみ方は、裏側を見る!です。

駅構内で運行に問題無い範囲で、シンボルマーク
周辺を観察するのです。

『あ~、なるほど、こんな形で留められて
いるのね。。』と眺めるのが好きです。

たまに塗装が剥げている部分を見つけると、
その部分をフォーカスして見るのも好きです。

四季のある日本で厳しい環境にも関わらず
頑張る姿勢がカッコいいですね。

さてさて、鉄道本舗ではこんなレアで
珍しい特急シンボルマークを集めています。

珍しい鉄道部品は手放したく無いので、売却は
辛い部分でもあります。

鉄道本舗では鉄道模型やNゲージ、HOゲージの
買取りをはもちろん鉄道部品の買取も実施して
おります。

ご紹介させて頂いた特急シンボルマークは
もちろん、国鉄時代、JR特急の部品などは特に
高価買取りをさせて頂きますので、鉄道部品の
売却をお考えの方は是非鉄道本舗まで買取りの
依頼を宜しくお願い致します。

Posted in コラム | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」