高く売却する為に実践しておくこと

高く売却する為に実践しておくこと

高く買取りしてほしいとは誰もが考える事です。
しかし、高価買取の為にやった方が良いこととやって
は行けないことがあります。その部分を詳しく
ご説明いたします。

改造はしてあった方が良いのか?

回答としては新品で購入された当時の姿に変えて
おくことをおススメします。

写真 2018-02-02 13 46 17

TNカプラーに変えていたらアーノルドカプラーに変え
ておくことナンバープレートなどは使用しないこと、
ウェザリング塗装等は極力しない方が買取り価格
としては上がります。

中古品を買う立場になって考えてみましょう。

夏をイメージしたジオラマに雪のウェザリング塗装が
施された鉄道車輛はちょっと空気が読めていませんよね。

ただし、、、

とは言いつつも、私の個人的な考えは後々の買取り
の事を考えて鉄道模型を所有する事より、今一番
楽しめる形で鉄道模型と向き合うべきと考えます。

またTNカプラーはリアルで見栄えは良いのですが、
連結する先の車輛がアーノルドカプラーだった場合、
どちらかのカプラーを交換する必要があり、売却を
中心に考えるとパーツが交換されている、車両が
改造されているものは高価買取は難しくなる場合
があります。

こんなケースも!

見事なウェザリング塗装や手すりなど本物同様に
改造された車両などは、その部分の価値を見出し
+アルファの買取り価格をお付けさせて頂く事が
可能です。

ケースバイケースなので、改造してあるから
買取価格は下がると言う訳ではありませんが基本的に
購入されたままの商品であれば間違いないです。

写真 2018-02-02 13 54 03

ケースからビニールシートや説明書など細かな
パーツなどすべての保存状態を購入時に保つことが
必須となります。

動力チェックは必ずおこないましょう。

動力チェックは必ずおこない、もし買取り業者さん
の目の前で動かせる環境ならば一緒に動作チェック
をすると良いでしょう。

新品で購入し、一度も遊んでいないと言う場合でも
経年劣化を考えると動作チェックは必ずおこなった
方が良いでしょう。

動きが悪ければクリーニングを掛ける事、ネット上
に出ている簡単なクリーニング方法を使って売却
前に魅力的な商品にして買取りに出しましょう。

高く売るコツは手間を掛ける事、少しでも高く売る
為に手間を掛けて魅力的な鉄道模型をさらに魅力的
にして売却をしましょう。

まとめ

①付属品はとにかく捨てない事、ケースカバー、
インレタ、パーツ類、はがきも捨ててはいけない
とっておきましょう。

②動作チェックをおこない不動品では無い事を証明
しましょう。

③簡単なメンテナンスをおこなって綺麗な状態で
お見積に出しましょう。
※購入時と同じ状態で買取りに出しましょう。

Posted in コラム | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」