381系特急しなの 鉄道部品 鉄道グッズ 高額査定◎東京 埼玉 横浜 千葉 大阪 北海道

こんにちは!

鉄道部品、鉄道グッズ買取専門の鉄道本舗
の石川です。

今日は381系について。

カーブのプロ381系

1973年に381系として登場し営業運転を開始した
のが日本における振り子式車両の出発です。
その中でも今回『特急しなの』をフォーカスして
みたいと思います。

381系特急しなの

特急しなの(※381系当時)大阪・名古屋~白馬・
長野を結ぶ中央本線のL特急で振り子式の381系で
運転されていました。

現在はJR東海の383系の後続車両が活躍しています。

381系の一部の列車はパノラマグリーンの車両を
連結しておりました。

クロ381-11のパノラマグリーン車両は1998年に
廃車されましたが、現在「リニア・鉄道館」で
保存・展示されています。※本ブログの冒頭にある
画像はリニア鉄道館にある381-11を撮影しました。

振り子式の真骨頂

特急しなのは名古屋~長野など山岳地帯には急曲線、
急勾配がのエリアが多く、この条件に対し安全で
快適でスピーディな運用を実現するべく381系の
振り子式が導入されました。

ただ、脱線せず早く走行する事は従来の車両でも
可能でしたが、乗客を乗せ安全に走行させる。
と言う課題が掲げられました。

スピードを上げると車両自体が外側に倒れてしまう、
曲線通過速度を上げるにはこの遠心力を解決すべく
381系が登場し、振り子式を採用する事で解決に
至る事になりました。

381系で採用された方式は「自然振り子」と呼ばれ
るもので、これは車体に作用する遠心力で車両を
傾ける方式でした。

この振り子式によりにより381系はカーブでは
従来車よりもスピード上げてで走ることができる
性能を持つことができました。

乗車の感想

現在の383系の最前列でかぶりついていると振子が
動作している事が体感できて楽しいです。

私は長野に行く機会がある時は極力最前席に乗って
かぶりついています。

※↑この時はダイヤが非常に詰まっており、先行列車
が常に眼前に迫るダイヤでとてもかぶりつきがいの
ある運用でした。

曲線に進入してから傾斜が開始されるため動作が
不安定で、乗客の中には酔う人も現れ、乗り物酔い
をする人にとっては乗車に覚悟のいる車両だった
事と見受けられます。

実際に自然振り子の車両は乗り物酔いが起こる、
とされているそうです。

乗り物酔いの原因は単純に、振り子式の車体傾斜
機構と言われる事も多いですが、乗り物酔いの
発生は振り子式の構造上だけの問題でもなく、軌道
の問題も関係するとも言われています。

山岳地帯を安全にスピーディに運行するには
どうしても、カーブをいかにスピードを落と
さず走行するかだと思います。

振り子式の個人的な感想

個人的な話しですが、遠心力を抑える為に揺れを
揺れで解決している振子式列車は乗車する分には他の
車両よりもよく揺れて、列車に乗っている感が強い
ので個人的に好きです。

駅弁とビールを飲みながら振り子式を楽しんで
いると酔いも早いかもしれません。

381系に関する買取りのお知らせ

さて、そんな振り子式を導入している381系や
特急しなのに関わる鉄道部品の買取りを
おこなっております。

381系、特急しなのに関わる鉄道部品、
鉄道グッズの買取は鉄道本舗までお問い合わせ
の程を宜しくお願い致します。