TH鉄道本舗

買取コラムかいとりこらむ

引退車両の鉄道模型は買取り価格が値上がりするのか?

買取実績

2021.03.29(更新日:2021年9月6日)

引退車両の鉄道模型は買取り価格が上がる?

今回は『引退車両の模型やグッズの買取り買取りは値上がりするか?』と言う疑問について回答をさせて頂きます。

この記事を読んで分かること

長年集めた鉄道模型(Nゲージ)を少しでも高く売りたい。誰しも思うところです。

実際の車両が引退などてお持ちの鉄道模型で同じ引退車両があれば高くなるのでは?と考えられた事もあるかもしれません

今回はこの引退車両の値上がりについて解説します。

結論:基本的に値上がりはしない

例外もありますが鉄道模型(Nゲージ)ほぼ値上がりしません。

人気のあった引退車両はそもそも鉄道模型化もたくさんされている事が要因の一つです。

例えば2021年3月に引退した185系も約40年近く前に製造された車両で、登場当時から鉄道模型化され尽くした車両です。

こう言った鉄道模型として生産され尽くした車両は元々の多さから値上がりする事は少ないです。

もちろん例外もあります。

JR東海371系 特急あさぎり

例外としては2014年に引退をしたJR東海371系など編成数が少なく、鉄道模型としても数多く生産されていない車両は引退報道がされた瞬間販売価格が上がる事があります。

余談ですが、引退車両模型の買取り価格の値上がりはしませんが、記念切符やグッズなどは引退キーワードで売れる事があります。

ただ、引退特需なので長く続く事はありません。

売りどきのタイミングは売りたいと思った瞬間

昔から大量に出回っている形式の鉄道模型が値上がりする事はほとんど無いと考えて良いと思います。

売るタイミングで考えた場合は【売りたい】と思った瞬間が1番の売り時だと思うので、寝かせておくより売ってしまった方が良いと思います。

寝かせるリスクとして保存環境によってはボディの劣化や動力に関わる精密機器の傷みなども出てきてしまう可能性があります。

値上がりが期待できるのであれば考えられなくも無いのですが、値上がりの可能性がほとんどない場合は売却をしてしまった方が良いと考えます。

売った後、やっぱり欲しいと思った時はまた改めて買う事をお勧めします。

買取りのお問い合わせはこちらからご相談下さい。