JR東日本の公式鉄道部品販売店はあるのか?

JR東日本の公式鉄道部品販売店はあるのか?

JR北海道に引き続き今日はJR東日本を取り上げさせて頂きました!

話は逸れますが、明日1月16日はJR北海道の鉄道部品販売の日であります。

北の特急便サイトより部品が販売されます。

しかも、抽選では無く先着順で販売を開始するとの事ですので、気になる部品がある方は明日の10時にアクセスしましょう。

https://www.e-hkiosk.jp/shopbrand/ct41/

ではでは、本題に戻りJR東日本の販売についてです。

JR東日本も負けていません!あるんです。

JRE MALLと言うJR東日本グループが運営するショッピングモール

https://www.jreastmall.com/shop/r/r0102/

「―数量限定―鉄道古物」言うコーナーでは「古物】スーパーエクスプレスレインボー号 イベントカー椅子 A
当時の椅子が当時のままの状態で販売されています。

鉄道部品を扱う上で基本となる『清掃をしない』と言う部分も鉄道好き担当者がしっかりと目を光らせていてくれることを感じます。※鉄道部品は基本的に汚れも味と言う事で拭き掃除などはしません。例えば蒸気機関車のナンバープレートに付着したススなどは現役当時活躍していた名残なので、拭いてはいけないのです。

ただ、部屋に飾っていて埃の汚れがついている等は鉄道汚れと話が変わってくるので、軽くはたきを掛けても良いと思いますが、鉄道の現役当時についた汚れは一つの文化です。

また「【未使用品】205系 メインモーター回転機 継ぎ手キー」なるモノも2020年1月15日現在では発売がされており、これについてはマニアック過ぎて手も足も出ません。

販売ページにはイラスト付きで部品の部位が乗っていますが、販売価格1,100円で現在のところ7点残っています。

鉄道部品の基本としては一目で鉄道部品とわかるモノが人気となってくるので、回転軸に関わるモノなどは難しいと思いますが、どうなんでしょうか?

そう言えば、昔DD51のディーゼルエンジンに使われていたピストンの一部と言われていた部品が出てきましたが、見た目が完全に灰皿で出張買取りに伺ったお客様も灰皿として使われていたと言う逸話があります。

マニアック過ぎる部品はちょっと敬遠される傾向にあるかもしれませんが是非「【未使用品】205系 メインモーター回転機 継ぎ手キー」は完売してもらいたいです。

完売し月日は流れ、購入した方が手放す時は是非買取りをさせて頂きたいと思います。

ヘッドマークもあります。

2020年1月20日現在「はつかり」と「はくつる」と「北斗星」が確認できましたがPC版とスマホと見え方が違うのか?在庫が無かったり、買い物カゴに入れられたりできたりしてます。詳しくは確認してみて下さい。

昨日、JR北海道の北斗星のヘッドマークは275,000円ですが、JRE MALLでは108,900円でお求めできます!半額以下で安く感じてしまいます!

ただ、原寸大ではありますがJR北海道のように同素材、同加工法、同サイズで完全再現では無い様です。画像で見る限りでは丸い板のような雰囲気なので、本当に雰囲気を楽しむには良いかもしれませんが、実物と同じオーラを放つ事は難しいかもしれません。

他にも鉄道グッズなどを販売しており、見ているだけでも面白い販売ショップです。

https://www.jreastmall.com/shop/c/c08/

まとめ

鉄道部品販売は即日売り切れていたりしますが、車両の部品が販売されている状態であったり、かなり伸びしろのある鉄道部品販売サイトです。

定期的にチェックをする事で、お宝品に巡り合えるような気がします。

とりあえず明日のJR北海道の鉄道部品販売が気になって仕方ない状況にありますが、部品販売を楽しみにします。

▼鉄道模型や鉄道部品などの買取りも実施中です。▼

出張買取,宅配買取