TH鉄道本舗

買取コラムかいとりこらむ

JR九州に関係する鉄道模型・鉄道部品の買取りは鉄道本舗へお任せ下さい。

買取について

2021.11.11(更新日:2021年11月13日)

JR九州の鉄道買取り

鉄道本舗では九州エリアへ出張買取り・宅配買取りにて鉄道模型・鉄道部品の買取りをさせていただいております!

九州エリアに営業所や常駐するスタッフがいない事で余計な経費を削減し、遠方であってもスポットの出張買取りが可能な仕組みをつくっております。

鉄道模型・鉄道部品専門で月間2000点以上の買取・販売の経験を元に対応をさせて頂きます。

≫出張買取りに関するコラムはこちらから

JR九州に関する買取実績をご紹介

JR九州の鉄道歴史と現在

明治時代の鉄道

九州における鉄道の歴史は明治22年(1889年)に九州鉄道と言う半官半民の会社が博多〜千歳川仮停車場を開通させたことからはじまります。

現在では北九州門司区において九州鉄道記念館として利用されております。

本館である旧九州鉄道本社は近代化産業遺産に認定され、2014年には登録有形文化財にも登録されました。

JR九州の車両は鉄道模型でも、その魅力的なデザインは健在で非常に多くの車両が模型化され流通がされております。

クルーズトレイン『ななつ星in九州』をはじめとした高級列車やあそぼーい、JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」などの観光列車も充実しています。

実車も個性的で派手な様相なので鉄道模型も見応えある派手なフォルムが印象的です。

また九州新幹線の模型である「さくら」「つばめ」も忠実に再現がされておりファンを魅了しております。

JR九州の鉄道部品の特徴

博多駅駅名表

鉄道部品販売にも理解のある会社で2021年9月には博多駅駅長がオークショニア(オークションの競売人)となってzoomにて鉄道部品の販売会が開催されました。

そして、2021年11月にも第2弾となるオンラインオークションが開催されます。

≫博多駅長と副駅長が「オークショニア」を務めます 博多駅 鉄道部品オンラインオークション

『今回は、落札者特典として、鉄道部品を落札された方全員を、後日『直方車両センターバックヤードツアー』へご招待します。』

博多駅鉄道部品オンラインオークション第2弾

なんと今回は落札者全員がバックヤードツアーも企画するなど、大変良心的な内容です!

JR九州は鉄道イベントにおいて鉄道部品の販売も実施しており、鉄道部品を手に入れやすい環境を提供してもらっています。

また、JR九州の鉄道グッズのネット販売はこちらから

JR九州の車両特徴

783系ハウステンボス専用塗装

JR九州の車両の特徴としては観光列車のが大変充実し、旧型の車両もカラフルで個性的な存在感を放ち日本の鉄道会社の中でもかなり車両のデザインに力を入れている鉄道会社です。

713系

一部特急列車の内装についても木材をふんだんに使った木の温もりある雰囲気が特徴的です。

観光+気動車王国でもありクルーズトレイン「ななつ星in九州」を代表とする水戸岡鋭治氏がデザインする車両も活躍している事で有名です。

西九州新幹線の2022年(秋)開業で盛り上がる九州エリア

長崎駅では2022年(秋)に開業する西九州新幹線を祝う掲出物がありました。

長崎~博多まで約1時間20分で結び、同じく長崎~新大阪までは約3時間59分だそうです。

長崎新幹線

元々九州エリアは関東・関西圏を結ぶ寝台列車の往来がたくさんあった地域でもあります。

かもめ

時代は移り変わり寝台列車の次の時代は新幹線が、鉄道の時代を創っていくんだなと肌で感じました。

KAMOME

九州エリアの鉄道関係の買取りは鉄道本舗までどうぞご依頼をお願いいたします。