TH鉄道本舗

買取コラムかいとりこらむ

宮崎県で鉄道模型や鉄道部品を売るなら鉄道本舗へお任せください。

買取について

2021.11.09(更新日:2021年11月9日)

宮崎駅

鉄道本舗のご紹介!

KATOやTOMIX製品などの鉄道模型やヘッドマークから座席シートなど鉄道に関する鉄道部品を月間2000点以上を買取り・販売をおこなう実績があります。

宮崎県に買取りの営業所は無く鉄道買取りに精通した買取専門担当者が全国に出張買取りへ伺うサービスを実施しております。

≫月間買取量2000点以上の実績と知識で鉄道模型・鉄道部品の大量買取りを致します。

JR九州関係での買取実績

宮崎県の鉄道特徴

宮崎県の鉄道誕生の歴史は明治44年(1911年)に宮崎軽便鉄道が設立したことから始まります。

その後、大正9年(1920年)に宮崎軽便鉄道から宮崎鉄道に社名変更をし、戦時企業統合政策により鉄道・自動車・バス事業者が合併し宮崎交通となりました。

現在の宮崎交通は路線バス・高速バスを運行する事業者です。

実は宮崎県に私鉄は存在せず(第三セクターの「高千穂鉄道」は2008年に廃止)大分県とともに私鉄が存在しない県です。

高千穂鉄道

また47都道府県のうち、宮崎県と徳島県には複線区間がない事も鉄道豆知識として有名です。

古くは京都から南宮崎を結ぶ寝台特急『彗星』の発着駅でした。

寝台特急彗星

彗星は1968年10月1日から運行を開始し2005年10月1日に惜しまれながら引退した寝台列車です。

宮崎県での鉄道関係の買取りは鉄道本舗まで

量が多い場合は出張にて、量が少ない場合は宅配にて買取りをさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。