「Nゲージを少しでも高く売る為のポイント!」

「Nゲージを少しでも高く売る為のポイント!」

鉄道模型の中で最も普及しているのは、Nゲージです。レール幅が9ミリメートルとしている規格のことであり、名称のNとは9の数字の頭文字からきています。おそらく鉄道模型を持っている人の多くが、Nゲージではないかと思います。それらを少しでも高く売るためにはどうすればよいのか、ポイントを解説していきましょう。

車輪など細い部分も綺麗にしましょう!

買取価格を高くするためには、模型が少しでも綺麗に見えることが重要です。傷を修復するのはなかなか難しいですが、汚れや黒ずみなどは、売る前に綺麗にすることができます。例えば、鉄道模型の車輪は、走らせるたびにほこりやちりが付き、それが汚れになっていることがあります。

特に車輪は、車体の下にあるので、覗かないと汚れがあるかどうかは分かりにくいものです。しかし、査定の時はその辺りも細かくチェックされますので、売る前には綺麗にしておく必要があります。稀に車両のライトがチカチカと点滅したり、車両がスムーズに動かないのは、車輪に汚れがたまっていたり、ギアにホコリが付いている可能性が考えられます。だからこそ、細かい部分も綺麗にしておくことは非常に重要です。

掃除の方法は、レールクリーナー液、ホイールクリーナーをめん棒につけて丁寧に磨いていきます。

あまり強くこすり過ぎると色が落ちてしまったり、部品が壊れてしまうこともあるので、慎重に行う必要があります。ただ、これらの作業は、売る前にだけ行うのではなく、日頃からメンテナンスとして行っておくことが重要です。日頃から大切に扱っていれば、売る時にも高く評価されやすくなります。

付属品、説明書はありますか?


Nゲージは最初から完成形で販売されていることも多いのですが、後付けの付属品も付いてきます。内容は、手すり、避雷器、信号炎管、無線アンテナなど車種によってさまざまです。そして付属品をつけるための手順が記載された説明書も付いてきます。

これらの付属品と説明書は、必ず全て揃えて持っていきましょう。少しでも欠けていると、その分マイナスの査定になってしまいます。ほとんどの説明書には、部品の一覧が載っているページがあります。それを見ながら、全ての部品が揃っているかどうか、チェックしておきましょう。もし不揃いの場合、メーカーに相談したり、鉄道模型の専門店に来店し、付属品や説明書のみ購入できるかどうかを確認するのも一つの手です。購入費用はかかってしまいますが、部品が完璧に揃っているとそれよりも高い金額で査定される可能性もあります。このことは、付属品等の購入費用との兼ね合いで決める必要がありますが、できる限り全てパーツを揃った状態で売りに出すようにしましょう。

相場を知りましょう!

Nゲージを少しでも高く売るためには、鉄道模型の相場を知ることも重要です。何も知らずに買取に出してしまうと、提示された金額が妥当なのかどうかが判断できず、売ってもよいのかどうか分からなくなってしまうからです。

相場を知るためには、二つの方法があります。一つ目が、型番を調べ、インターネットで調べる方法です。型番さえ分かれば、買取価格一覧表などで一般的な買取価格を調べることができます。また、インターネット上で、スピード査定をしてくれるホームページもあり、型番を伝えると買取価格を教えてくれます。

二つ目が、複数の会社に買取査定をしてもらうことです。一社だけだと、あくまでその会社の査定基準による金額しか分かりません。しかし複数の会社の査定があれば、その平均値を出すことができ、ある程度相場を把握することができます。売る前に相場をしっておけば、交渉する時にも強く出ることができます。相場を把握していないと、あとから悔しい思いをしてしまうことにもなり兼ねません。情報はしっかりと収集しましょう。

まとめ

自分が大切にしてきたNゲージが、少しでも高く売るためには、事前に準備をすることが大切です。鉄道模型の掃除、付属品や説明書の用意、そして相場を知るための情報収集と、意外とやる事がたくさんあります。ただこれも、高く査定されるために必要なので欠かさずに行うようにしましょう。

Posted in コラム | Tagged | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」