TH鉄道本舗

買取コラムかいとりこらむ

佐賀県で鉄道模型・鉄道部品を売るなら鉄道本舗

買取について

2021.11.07(更新日:2021年11月9日)

松浦鉄道

鉄道本舗のご紹介!鉄道模型・鉄道部品を月間2000点以上を買取り・販売をおこなう実績があります。

佐賀県に営業所は無く鉄道買取りに精通した買取専門担当者が全国に出張買取りへ伺うサービスを実施しております。

≫過去1番遠くに行った出張買取りエリアとは

佐賀県を走る車両の買取実績

佐賀県の鉄道特徴

伊万里駅

佐賀県と言えば唐津焼や有田焼(伊万里焼)など焼き物の文化が盛んな地域です。その為か駅名表も焼き物でつくられており、その文化を感じる事ができます。

焼き物の文化の発祥は豊臣秀吉による朝鮮出兵に関わるそうで、外国に近い場所に位置する佐賀ならではの文化の発展だと感じます。

そんな佐賀県に初めて鉄道が走ったのは明治22年(1889年)のこと。

九州鉄道会社が福岡から千歳川(久留米市)に鉄道を開通させた時でした。

大隈重信
早稲田大学早稲田キャンパス内「大隈重信」彫像

佐賀県と言えば日本の鉄道開業に尽力した『大隈重信侯』出生のちであります。(※佐賀藩の手により当時日本で最も蒸気機関の研究が進んでおりました。)

大隈重信侯は高輪築堤建築にも関わりがある

高輪築堤

また大隈重信侯の決断によってつくられ、日本最古の鉄道遺構として国の史跡に指定されることが決まった高輪築堤も大隈重信侯が深く関わっております。

高輪築堤は、品川開発プロジェクトの計画エリア内において出土した、明治初期に鉄道を敷設するため海上に構築された構造物です。土地開発の地域ですが歴史的構造物であるため一部保存が決定しております)

鉄道にゆかりのある佐賀県からの鉄道模型・鉄道部品の買取りは鉄道本舗までご依頼下さい。

量がたくさんある場合はフェリーでお伺いさせて頂き、量が少ない場合は応相談でご対応をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。