TH鉄道本舗

鉄道新聞社てつどうしんぶんしゃ

徳島県で鉄道グッズを売るなら鉄道本舗

買取について

2021.12.19(更新日:2022年2月16日)

徳島県鉄道買取り
鉄道本舗の石川です!

鉄道本舗では鉄道模型・鉄道部品を月間2000点以上を買取り・販売をおこなう実績があります。

徳島県に出張買取りの営業所は無く鉄道買取りに精通した買取専門担当者が全国に出張買取りへ伺うサービスを実施しております。

徳島県は四国エリアで唯一出張買取りに伺ったことの無い地域になります。淡路島を経由し通過は何度もありますが、未開の地となっておりますので、是非徳島県の出張買取りのご依頼をお待ちしております。買取り依頼はお気軽にお問い合わせ下さい。※量が少ない場合はご希望に添えない場合もございますのでご了承下さい。

徳島県に関する買取実績

徳島県の鉄道の歴史

徳島県
徳島県

四国の中でも唯一『電車』が走っていないのが徳島県。中心の徳島駅から南北西へ進む県内の鉄道網ですが、各路線によって特徴が違っています。

この記事では徳島県の鉄道の歴史と特急の移り変わりをみていきましょう。

徳島駅周辺から開業していく路線

徳島駅
徳島駅

徳島県で最初の鉄道は1899年鴨島駅と佐古駅から徳島駅の区間となっています。四国の鉄道は地方から県庁所在地へ向かって開業することが多かったのですが、徳島県では中心地の徳島駅周辺から開通しています。

西へ向かう徳島線と高松へ向かう高徳線

徳島から吉野川に沿って西へむか徳島線と高松へ向かう高徳線がまずは建設されます。

徳島線は1914年とJR四国の路線では早い時期に前線が完成。また、高松へ行く高徳線も1935年に全線が開業し、他県との移動もスムーズになります。

徳島県内を南下し、高知県の後免を目指すが

1913年に徳島駅と小松島駅へ開通した牟岐線。計画では徳島県から南下して室戸岬を通り高知県の後免を目指して建設を始めました。

しかし、1973年の牟岐駅と海部駅の開業を最後に、現在でも繋がっていません。

最初の工事から60年近くかかり、海部駅まで開業した牟岐線ですが、少子高齢化により2020年JR四国は阿波海南駅 と海部駅の間を廃業届を国土交通省へ提出。

現在は代行バスを運行し、高知県の後免まで行く路線の計画は夢に終わりました。

県内で唯一『電車』が走らない

徳島県では電化区間がなく、全てが気動車となっています。

また、徳島県の特徴としては山間部やカーブが多いJR四国にしては全体的に線形がいいのが特徴です。

しかしながら、徳島県自体それほど大きくなく、始発から終点までが特急でも90分程度と比較的短いため、高速化されず、運行されています。

特急「うずしお」の高速化

185系 特急うずしお
185系 特急うずしお

高松駅と徳島駅を結ぶ特急うずしおは気動車でありながら、130キロ運転を実施して、四国でも速達度が高い特急となっています。

しかしながら、高松ー徳島駅間の移動を目的とするのではなく、中間の駅と高松・徳島駅を利用する乗客も多く、停車駅が多めに設定。

現在では2600系と2700系が主流となっていますが、一部の列車はキハ185系で運行しています。

気動車天国の徳島駅付近

キハ40
キハ40

徳島県では電化されていないこともあり、四国内では古めの車両が県内を走っています。

キハ185系気動車は徳島線の特急「剣山」を始め、「むろと」・「うずしお」で使用されていて、四国では唯一の運行となっています。

また、キハ40系、キハ47系も現役で運行されている徳島県。国鉄型の車両が走っている県として、今でも多くの鉄道ファンにも人気があります。

南風アンパンマン
南風アンパンマン

また、徳島県内ではトロッコ列車や四国まんなか千年ものがたり、アンパンマン列車といった観光列車も多く走っています。

徳島県の鉄道まとめ

徳島県の鉄道と特急の歴史を紹介しました。徳島県は他県では運行を終了した古い車両が多く運行されているのも特徴です。

また、観光列車も豊富にあるのも特徴の一つです。国鉄時の車両も残り少なく、運行されているうちに乗りたいものですね。