塩尻経由で東京へ

塩尻経由で東京へ

先日東京へ行く用事があり塩尻経由で上京してまいりました。

いつもは新幹線の道のりを中央線の特急で向かいます。

名古屋駅から塩尻駅までは特急しなので向かいます。

名古屋駅へはよく行きますし、特急しなのの車輌383系はよく見ますが、乗る事があまり無い為ワクワクします。そもそも在来線の特急車両に乗る事自体、非常にワクワクします。この383系の醍醐味と言えば振り子式車輌によるカーブ時の傾斜でしょうか。

振り子をより楽しむためにグリーン車の一番先頭車両を予約します。個人的には運転席の真後ろの座席1シートのC席が一番振り子機能を感じられ楽しい振り子ショーを感じる事ができます。今回は恐らく同業の方が特等席を楽しまれておりました。

↑カーブ通過時の傾斜にて。

この振り子式については賛否両論と言いますか、よく揺れるとの声も聴きますが、鉄道好きからするとこの揺れも振り子式独特の鉄道ショーなので、むしろ乗車する事をお勧めしたいです。

塩尻駅では211系3000番台が迎えてくれます。

愛知県ではまず見ない211系カラーが新鮮です。

7時に名古屋駅を出発した、しなの1号で塩尻経由の場合は8時57分に塩尻駅に到着し、9時発のあずさ8号に乗り換えになりますので、あまり駅で遊んでいる時間はありません。

あずさ8号はE257系に乗車し東京へ向かいます。

※↑以前撮影したE351系。現役当初は塩尻から東京までも振り子式を楽しむ事ができました。引退してしまうと寂しい限り。。。

今回の東京入りについては完全に大回りで新幹線の方が効率的ではありますが、鉄道の旅自体に注目する場合はこの工程もとても楽しいので是非お勧め致します。

車内でも仕事をしたり風景を楽しみながら移動できる瞬間が至福の一時です。

時間が無い時は新幹線にて東京入りとなりますが、時間がある時は色々な形で東京入りを目指すレポートをしたいと思います。

Posted in 投稿甲子園 | Tagged , , , , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」