鉄道書籍の出張買取り

鉄道本の買取り依頼で大阪へ行ってまいりました。

以前、鉄道本舗をご利用頂いたお客様よりご依頼を頂いて出張買取りをさせて頂きました。

二回目の買取りと言う事で選んで頂いた事が嬉しく楽しい買取りでした。

より価値のある鉄道書籍とは

月刊誌の鉄道雑誌の買取りは流通量がものすごく多く、大変人気な雑誌な為、集まり過ぎてしまうので現在は大変不本意ではありますが買取りを中止させて頂いております。

その中で、逆に高く売れる鉄道の本はどんな本なのか?

カンタンではありますが、解説させて頂きます。

人気の鉄道本は流通量が少ない本です。

鉄道の本は大きく二種類に分かれます。

まず、書店で売っている本と非売品の本です。

書店で売っている本は基本的に定価を超えて買取りをさせて頂く事は少ないです。

ただ。限られた専門店でしか販売される事の無かった書籍なども一部高額になったりプレミア価格がついたりするので買取り価格も必然と上がります。

では、非売品とは何か?これは鉄道会社が社内向けに制作をしたり関係各所に配るような本になります。

こう言った関係者しか手に入らない本は、入手困難な為買取り価格も高額化する事が多いです。

専門的な車両の解説書は高くなる傾向にあり

新型車両がデビューする際は車両性能などが掛かれたパンフレットが関係者へ配られます。

人気な車両はこのパンフレットが高額で出回る事があります。

ある車両に特化した専門的な本は高値で売買がされる傾向にあります。

キーワードは『専門』ですね。

逆に、どの様な方が高額で本を買われるのか?それはその車両を研究している方や、模型でその車両を再現しようとしている方が参考資料に変われるケースが多くあるように感じます。

手すりの形とか銘板がどこに付いているのかなど、古い車輌は現存しない事が多いので写真や当時の資料から探すしかないのですね。

まとめ

鉄道の本は、広く浅く網羅してる本や、とある部分の専門分野に精通している本など多種多用にあります。

高価買取りと言う側面で見ると専門分野に精通した本が高く売買はされます。


出張買取,宅配買取