【プラレール】情景レール車両・他色々

photo

コンテナ貨物の先駆け/たから号

鉄道本舗では、鉄道模型を中心とした買取サービスを提供しております。ご自宅で遊ばなくなった品物がありましたら、お気軽にご連絡ください。出張または、宅配にて買取いたします。写真のように、プラレールのまとめ売りも大歓迎です

現在、国内の貨物輸送は写真のようなコンテナが主流ですが、その先駆けとなったのが、1959年に運行を開始した「たから」号です。日本初のコンテナ専用列車で、東京と大阪(汐留~梅田間)を最高速度85km/h、約11時間で結んでいました。これに合わせ、国鉄初のコンテナ専用貨車であるチキ5000形(のちにコキ5000形へ改称される)が登場しています。牽引はEH10形電気機関車が担当し、一部非電化区間ではD52形蒸気機関車も牽引しました。

また、特徴的だったのが車掌車のヨ5000形です。編成の最後尾に連結され、「たから コンテナ特急」と記されたヘッドマークを装着していました。以後、国内ではコンテナ列車が急速に普及し、方面などに応じて「北たから」「さかえ」「ことぶき」などの列車愛称が誕生しています。「たから」の愛称は1969年に廃止となりましたが、2016年に開館した京都鉄道博物館では、ヨ5000形が保存展示されています。塗装も当時のものに復元され、ヘッドマークも忠実に再現されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。