買取実績


【ヤマケイ私鉄ハンドブック-7】 京王帝都

photo

ヤマケイ私鉄ハンドブック 京王帝都

表紙写真の変化

写真は先日買い取らせていただいた、「ヤマケイ私鉄ハンドブック7 京王帝都」です。「ヤマケイ」とは出版元である山と渓谷社のことで、山や自然、アウトドア、旅行を扱った書籍・雑誌を手がけています。特に、山岳の話題を扱った「山と溪谷」は1930年の創業から続く長寿雑誌で、「多くの人に読まれる山岳雑誌を発行したい」という創業者の思いが込められています。

そんな中、かつて一時期(1970~80年代?)鉄道を取り上げていたこともあり、「私鉄ハンドブック」や「レイル・グラフィックス」シリーズや、「カラー 蒸気機関車の旅」などのカラーシリーズ、「日本の鉄道1 函館・根室本線」といった日本の鉄道シリーズなど、様々な書籍を出版していました。

写真の本は1982年に発売されたもので、ご覧のとおり、当時の京王は6000系が主力だったのでしょう。しかし、ネットで1985年に再版されたものを見たところ、下の写真が7000系に差し替えられています。7000系はちょうどその前年に登場した車両であり、表紙写真は前面のクリーム塗装がない新製当初の姿で、非常に時代を感じました。

この初版品と再販品で、内容は違っていたのでしょうか?表紙写真に新型車両を使えば、それに応じて中身も変わっていると予想できますが…。今後、再販品に出会えたらぜひ中身の比較をしたいと思います。

この「私鉄ハンドブック」シリーズは京王のほか、東急や小田急、阪急、京阪など各大手私鉄の変遷や車両を取り上げています。ちなみに、ヤフーオークションではおおよそ一冊2,000円程度で落札されていました。興味のある方はぜひ、手に入れてみてはいかがでしょうか?

鉄道模型では、このような書籍類の売却も大歓迎で承ります。特に昔の本は手に入りづらく、高価買い取りとなる可能性も高いです。皆様のご依頼、お待ちしております(ただし雑誌類や、1980年以降の時刻表は申し訳ございませんが、査定の対象外とさせていただいております)。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」