【入場券集】国鉄・長野鉄道管理局・硬券入場券

photo

長野鉄道管理局硬券入場券/絵柄入りの入場券

写真は国鉄時代の長野鉄道管理局が出しました記念硬券入場券です。前オーナー様のコレクションであったこの商品を先日買取させていただきました。

長野鉄道管理局は現在のJR東日本長野支社の前身の支社です。その歴史は1942年新潟鉄道局長野運輸事務所および長野保線事務所を統合し新潟鉄道局長野管理部が始まりで、長野鉄道管理局として発足したのは1950年です。そして1987年に国鉄民営化となり現在の長野支社になりました。長野鉄道管理局の管轄路線は中央東線の信濃境駅~塩尻駅、中央本線辰野支線の岡谷駅~塩尻駅、篠ノ井線全線と信越本線の軽井沢駅~妙高高原、大糸線の松本駅~南小谷駅、飯山線の豊野駅~森宮野原駅、小海線の甲斐大泉~小諸駅となっています。現在は長野新幹線が加わり、代わりに信越本線は篠ノ井駅~長野駅間のみとなってしまいましたね。主に長野エリアを管轄していた長野鉄道管理局ですが、飯山線・大糸線・日本一標高が高いところに線路があることで有名な小海線など、山岳路線が多いところとして皆さんもイメージしているかと思います。

商品は駅名のほかに駅近くの名所のイラストが入ったものになっています。上記の通り山岳路線が多いので山のイラストが多いですね。懐かしの切符や記念切符もあわせて買取します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。