【HO】KATO3-501・近鉄21000系アーバンライナー

photo
 この写真は近鉄2100系アーバンライナーのHOゲージの模型です。21000系は1988年に名阪ノンストップ特急アーバンライナーの専用車両として製造され、デビューしました。車両更新をしてからアーバンライナーPlusと呼ばれています。また、21020系のアーバンライナーNextとともに近鉄の看板車両となっています。
1990年代から輸送力増強のため8両編成で運転するようになりました。中間車2両を増備できる仕組みになっています。中間車には簡易運転台が装備されていて、簡易運転台で運転している回送車が車庫に移動するところを見かけることがあります。なお、この模型の写真には簡易運転台が装備されている中間車と増結編成はありません。
アーバンライナーの運用区間は主に大阪難波駅・名古屋駅間で、速達便の場合、鶴橋から名古屋までの間では津しか止まりません。2012年のダイヤ改正前までは鶴橋・名古屋間がノンストップでした。他の路線では、奈良線と伊勢志摩方面の特急で運行されることがあります。
 最後に、鉄道本舗ではHOゲージの近鉄21000系アーバンライナーPlusの買い取りを行っています。HOゲージだけでなくNゲージなど様々なサイズのアーバンライナーPlusの買い取りも行っています。また、アーバンライナーNextの買い取りも行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。