【Nゲージ】KATO・10-345/681系特急電車サンダーバード・6両

photo

写真はKATOのNゲージ10-345/681系特急電車・サンダーバードです。

北陸と京阪神を結んでいる特急「スーパー雷鳥」「雷鳥」は、485系が専ら使われてきました。

しかし、高速道路網が整って、高いサービスと所要時間の短縮が提供できるように681系特急電車・サンダーバードが製造されました。

量産先行試作編成が1992年7月に登場しました。

投入された時期、485系「スーパー雷鳥」「雷鳥」は、踏切がない北陸トンネル内および湖西線にて営業で130km/hの運転をすでに行っていました。

しかし、681系特急電車・サンダーバードでは、ブレーキ性能がアップしたことによって、130km/h運転を踏切がある区間においても目指しました。

将来的には、さらに踏切がない北陸トンネル内および湖西線において、160km/h運転ができる性能があるとされています。

なお、1997年から681系特急電車・サンダーバードが投入されたほくほく線では、営業運転が130km/h超で始まり、160km/h運転が最終的に実現しました。

1997年までにトータルで102両が新しく製造され、その後は性能アップとコストダウンを図った683系に移りました。

ブンブンジャレコトレインズでは、買取サービスを鉄道模型を中心にして提供しております。

ご自宅で余らせている鉄道模型がありましたら、お気軽にご連絡ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。