【Nゲージ】KATO・10-403・12系SLばんえつ物語・客車+C57・7両

photo

塗装の変遷/SLばんえつ物語

「SLばんえつ物語」は、1999年から磐越西線で運転されている観光列車です。現在の運行区間は新潟~会津若松間で、基本的に4~11月の土休日に運転されています。また12月には、「SLクリスマストレイン」など異なる列車名で運転されることもあります。

牽引は、蒸気機関車C57 180が担当します。1946年に製造され、1969年に廃車となるまで一貫して新潟エリアで活躍した、ゆかりの機関車です。廃車後は新潟県内で丁寧に保存されており、「SLばんえつ物語」の運転にともない、車籍が復活しました。

一方、客車は12系の改造車が用意されました。車内は木目調とし、洗面所・便所のリニューアルなども行われています。塗装は当初、写真のような白+茶色でしたが、2007年に「オリエント急行」を想起させる白+青に変更されました。さらに、2013年にはグリーン車であるスロフ12 102が登場。同車は朱色+黒というシックな塗装で、その後全車が同色に塗り替えられました。

鉄道模型・鉄道グッズの処分にお困りの方。鉄道本舗では、Zゲージからライブスチームまであらゆる規格を査定いたします。車両のほか、レールやストラクチャー、動力ユニットなどのパーツも買取りますので、お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。