【Nゲージ】KATO・165系なのはな・不動・6両

photo

165系「なのはな」/幕張のジョイフルトレイン

急行形電車として1963年にデビューした165系は、急行列車が相次いで特急に格上げされたことで、次第に余剰となっていきました。そこで、1980年代からジョイフルトレインに改造し、波動輸送に使用する例が増加します。写真の「なのはな」もその一種で、1986年に改造され、一貫して幕張電車区に在籍していました。

6両編成1本が改造され、車内はお座敷に、窓には障子が取りつけられるなど、「和」を基調としています。1両ごとに「新和風」「民芸風」「数奇屋風」などのコンセプトがあり、それぞれに「あやめ」「きんせんか」「すみれ」などの愛称がつけられました。また、編成の愛称「なのはな(菜の花)」は千葉県の県花であり、塗装のベースである黄色の由来となっています。

「なのはな」は関東各地の団体臨時列車に充当され、1998年に引退しました。後継として485系の改造車が登場し、交流区間を走行できない制約が解消されています。その名も「ニューなのはな」で、2016年9月まで運用されました。

鉄道模型の処分にお困りの方。鉄道本舗では、Zゲージからライブスチームまであらゆる規格を査定いたします。車両のほか、レールやストラクチャー、動力ユニットなどのパーツも買取りますので、お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。