【Nゲージ】KATO・C62・つばめ編成・まとめ6両

photo

鉄道の近代化が進む/1950~60年代

国鉄では1949年、戦後初の特急列車として東京~大阪間の「へいわ」が運転を開始しました。その後、愛称の公募が行われ「つばめ」に改称されると、姉妹列車である「はと」も登場。どちらも、マイテ39などの一等展望車や、リクライニングシートを備える特別二等車が連結され、日本を代表する列車となりました。

「つばめ」「はと」の牽引は電化区間をEF58形、非電化区間を写真のC62形などが担当していましたが、1956年に東海道本線が全線電化されると、全区間EF58の牽引となりました。この時、充当されるEF58や客車が「青大将」と呼ばれるエメラルドグリーンに変更され、茶色が多数を占めていた当時において、一線を画す存在となりました。

その後も、東海道本線では1958年に国鉄初となる電車特急「こだま」の運転開始、1964年には東海道新幹線が開業しています。わずか15年ほどで、高度経済成長とともに日本の鉄道事情はめまぐるしく進化していきました。

ご自宅で、鉄道模型やプラレール、書籍、DVD、廃車発生品などを余らせている方。鉄道本舗では、鉄道グッズを幅広く買取っております。方法は「出張」と「宅配」の2種類があり、どちらも全国一律無料です。ホームページまたはお電話にてご相談を承りますので、お気軽にお問い合わせください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。