【Nゲージ】KATO・JR・24系客車・金帯・7両

photo

24系金帯車/内装をグレードアップ

1973年から1980年にかけて製作された24系客車は、14系に次ぐブルートレインの主力として、多くの寝台列車に使用されました。性能面では、1971年に発生した北陸本線での列車火災事故を受け、電源車から各客車に電源を供給する「集中電源方式」を採用。すでに20系で採用されていた方法ですが、14系は各車両に電源を搭載する「分散電源方式」であったため、逆戻りすることになりました。

また、24系は設計変更や改造によって、さまざまな形態が存在しています。その中で国鉄末期に登場したのが、写真のような金帯の車両です。これは「あさかぜ」用の一部客車に対し、シャワー室やミニロビーの設置(スハネ25形700番台)など内装のグレードアップを行ったもので、窓の下に2本と、新たに屋根下にも1本の金帯が入りました。のちに登場する「北斗星」向けの改造車にも、金帯が採用されています。

ご自宅で、鉄道模型やプラレール、書籍、DVD、廃車発生品などを余らせている方。鉄道本舗では、鉄道グッズを幅広く買取っております。方法は「出張」と「宅配」の2種類があり、どちらも全国一律無料です。ホームページまたはお電話にてご相談を承りますので、お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。