【Nゲージ】KATO10-439・883系・ソニック883/7両

photo

883系/JR九州初の振り子式電車

鉄道本舗では、ご自宅で余っている鉄道グッズを買取っています。鉄道模型(車両、コントローラー、レール、ストラクチャーなど)のほか、プラレールや書籍、DVD、記念品など幅広く査定いたしますので、お気軽にご相談ください!

写真は、特急「ソニック(博多~大分ほか)」で活躍する883系電車です。高速道路への対抗、またカーブの多い運行線区を考慮し、1995年にJR九州初の振り子式車両としてデビューしました。博多~大分間の所要時間を約20分短縮したほか、ダイナミックな先頭形状、独創的なデザインの車内など、今も経年を感じさせない活躍が続いています。

写真はステンレスを基調に、先頭部を青とした登場時の姿です。2005年からはリニューアルが行われ、メタリックブルーの車体色に統一されました。2008年には、それまで5両編成だった883系の7連化が行われ、中間車が増備されています。この中間車モハ/サハ883-1000番台は、車体にステンレスではなく、885系と同等のアルミ合金を採用。また窓配置や内装も885系に準じており、他とは一線を画す存在となりました。

Nゲージでは、2016年11月現在カトーのみが製品化しています。登場時のほか、リニューアル後の姿も再現しているので、興味のある方はぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。