【Nゲージ】TOMIX・489系・特急形電車・白山・7両

photo

489系白山色/リニューアルのシンボル

長野新幹線が開業する前、碓氷峠経由で上野~金沢間を結んでいた特急列車が「白山」です。この愛称は、日本三名山のひとつである白山(はくさん)から採ったもので、石川県や岐阜県にまたがっている北陸地方ゆかりの山です。

そんな「白山」には1970年代から489系が使用されていましたが、国鉄の分割民営化後、同列車向けにリニューアル改造が行われました。中でも、モハ489形に対しては一部の座席を撤去し、ショーケースや冷蔵庫を設置。新たに半室の「ラウンジ&コンビニエンスカー」として営業を開始しました。長野や直江津止まりの「あさま」に比べ、長時間を車内で過ごす「白山」の乗客にとって、喜ばれたのではないでしょうか。

これらリニューアルにともない、外観も白地にピンク・青を配した塗装に一新されました。ファンからは「白山色」として親しまれ、横川~軽井沢間が廃止された1997年以後も、数年間その姿を見ることができました。

模型や書籍、廃車発生品、小物など、鉄道グッズの処分にお困りではありませんか?鉄道本舗の「出張買取り」または「宅配買取り」なら、全国どこでも無料で査定が可能です。万が一値段がつかなかった場合でも、処分品として引き取りますので、お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。