買取実績


【Nゲージ】マイクロエースA-0056・301系東西線・青帯・冷房車・基本5両セットⅡ

photo
この写真には301系東西線青帯冷房車の5両セットがあります。301系は1966年から当時の国鉄と営団地下鉄の乗り入れに備えて開発された車両です。当時の国鉄では初めてアルミ製の合金車両として知られています。
 営団地下鉄東西線は現在の東京メトロ東西線で、中野区の中野駅から千葉県船橋市の西船橋駅を結ぶ区間です。
この模型の写真を見ると、103系と似ていると思います。301系は103系を踏襲して製造されたと言われていて、103系と連結して運転していたことがります。
 1990年代から車両の老朽化が進んだこと、東葉高速鉄道と東西線との相互乗り入れに伴い、301系の運用は少なくなりました。2003年に定期運用から外れ、その姿を見ることはできません。301系のほとんどが廃車になりましたが、うち1両はJR東日本の大宮総合車両センターで展示されているようです。301系の後継車両として東京メトロの車両がJR東日本の路線に乗り入れています。
 最後に、鉄道本舗では301系東西線青帯冷房車の5両セットの買い取りを行っています。また、103系で東京メトロとの乗り入れに対応した車両や東京メトロの車両の買い取りも行っています。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」