【Nゲージ】MA・西鉄・特急・2000形・3扉/6両

photo

西鉄2000形/輸送サービスの向上に大きく貢献

鉄道本舗では、ご自宅で余っている鉄道グッズを買取っています。鉄道模型(車両、コントローラー、レール、ストラクチャーなど)のほか、プラレールや書籍、DVD、記念品など幅広く査定いたしますので、お気軽にご相談ください!

写真は、西日本鉄道(西鉄)の2000形電車です。2000形は特急用車両として、1973年に営業運転を開始しました。1970年代、九州では山陽新幹線の博多開業、九州自動車道の延伸など、交通事情が大きく変化していました。そこで、2000形では転換クロスシートや冷房装置が搭載され、それまでの西鉄車に比べ大きく居住性が向上。さらに2000形のデビュー前、特急列車には4両編成の1000形などが充当されていましたが、需要の増加をみて、2000形は6両編成で落成しています。

サービスの向上に大きく貢献した2000形は西鉄の主力車両となり、1974年、九州の鉄道会社として初のローレル賞も受賞しました。

1989年に後継の8000形が登場すると、2000形は特急運用から外れ、転用改造が行われました。特に、落成時の2扉から3扉に改造されたことで、印象が大きく変化しています。以後、急行を中心に充当されますが、2000年代に入ると徐々に廃車が発生。2010年のさよなら運転をもって引退し、約40年間の活躍にピリオドを打ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。