マイクロエース・営団地下鉄・7000系/4両

photo

営団地下鉄7000系/千代田線6000系と兄弟の電車

写真は東京メトロ有楽町線で活躍をしている7000系です。今回は増結セット4両を前のオーナー様から買取をさせていただきました。

営団7000系は1971年に量産が開始された千代田線用の電車です。この車両は6000系の基礎をそのまま継承された形で登場しまして、有楽町線が開業された1974年から1989年までに10両編成を34本、計340両が製造されました。先輩である6000系と瓜二つの7000系ですが、大きな違いは電機子チョッパ制御の改良型であるAVF式チョッパ制御を採用したことにより、電力消費量の抑制を図った車両でもあります。

20m両開き4扉のアルミニウム合金製できた車体で、有楽町線のシンボルカラーでもあるゴールドを、車体の下部にラインカラーとして施しているのが特徴です。

1次車~6次車まで長きにわたって製造され、いわば有楽町線の顔として活躍をしていました7000系ですが、老朽化や有楽町線の次世代通勤電車として10000系が2006年から登場し、次第に活躍の場が少なくなっていきました。

編成は少なくなったものの今なお活躍をしている7000系。基本セットと合わせればよりリアルに有楽町線を再現することができます。7000系中間車も喜んで買取させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。