買取実績


マイクロエース・営団05系・4次車

「営団05系4次車6両/現在の東西線の顔」

東西線の顔として活躍をしていた営団05系。マイクロエースから登場した6両セットを先日買取させていただきました。

1988年より営業運転した05系は東西線用として、第12次車合計430両製造された電車です。現在東西線は15000系を中心に運転され05系は初期車を中心に減少の一途をたどっていますが、2014年4月28日からは千代田線北綾瀬支線で運用開始しています。

モデルになっている第4次車は1991年度に製造された10~13編成で、前次車から相違すべき点は、通常のシートからバケットタイプに変更や、客用扉の窓が単板ガラスから複層ガラスに、一時的でしたが第13編成の05-913は、2005年からSS-122Aという試験台車枠が取り付けられていたのが特徴です。

小変化した第4次車、長きに渡って東西線を運行し途中全般検査で制御系の更新工事、さらに行先表示器が字幕式からLED式となりましたが、現在は10編成~12編成が引退し、13編成のみが活躍をしています。

モデルは05系の4次車を再現し、車体の塗装や前面部のリティール、屋根廻りをマイクロエースらしく忠実に再現しています。

東西線を支えてきた05系。地下鉄シリーズのNゲージも近年発売が多く、人気があると言っても過言ではありません。特に東京メトロ関連は喜んで買取します!

Posted in 定番の買取実績 | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」