マイクロエース・東武・5000系

photo

東武5000系/実は吊り掛け式

写真はマイクロエース製Nゲージ、東武5000系電車です。8000系によく似た外観ですが、その出自はちょっと独特です。パッケージの表記のとおり、それまで活躍していた吊り掛け式7800系の台車に8000系の車体を載せ替えるという方法で、1978年に登場しました。

前身である7800系は1953年に登場しましたが、すでに20年以上が経過して老朽化が否めず、対策として新たに車体のみ新製し、「更新」という形で5000系に編入されました。当時、国鉄201系や京王6000系など、それまでとは一線を画す通勤車が登場していましたが、東武は新技術の採り入れに対して慎重で、安定性を優先させていたようです。

内容は非冷房として落成した「5000系」のほか、当初より冷房を搭載していた「5050系」(2両または4両)、最終落成グループである6両固定編成の「5070系」に分類することができ、東武鉄道の幅広い線区で使用されました。増備は1986年まで続けられましたが、85年以降に登場した車両は通勤用車両の塗装変更にともない、現行の白地に青帯を巻くスタイルとなりました。また、このグループは8000系と同一の車体をもつものの、車内については当時最新鋭だった10000系と同等ものとなり、快適性が向上しています。

しかし21世紀に入ると老朽化も否めなくなり、2001年に初の廃車が発生しました。30000系の登場もあり、2006年のさよなら運転をもって全車引退しました。ちなみに、ほぼ時を同じくして、吊り掛け式の72系電車から派生したJRの103系3000番台も引退し、首都圏において旧式由来の車両が一段と少なくなりましたね。

同じ顔の8000系が現役であることから、引退の実感は少々薄いでしょうか。しかし5000系と8000系の足回りはれっきとした違いがあるので、ぜひ模型で両者を手に入れ、傍らに並べてみると面白そうです。

また引退から10年が経過し、記憶から薄れつつある部分もあります。もしも不要な模型や関連する品物をお持ちでしたら、ぜひ鉄道本舗までお売りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。