マイクロエース・東葉高速・1000形/6両

photo

京葉高速鉄道1000形/千葉の内陸から都心を結ぶ電車

千葉県の内陸にある八千代市から西船橋、さらに東京メトロ東西線に乗入をしていた東葉高速鉄道1000形電車。マイクロエースからリリースしたこの商品を先日買い取らせていただきました。

東葉高速鉄道は、1996年に開業した西船橋から東葉勝田台間を結ぶ第三セクターの鉄道で、その開業時から当鉄道で活躍していたのが1000形です。1000形は当鉄道のみならず西船橋から接続をしている営団東西線へ乗り入れていた電車で、その東西線で活躍をしていた5000系を受け入れて誕生しのが1000形です。

主に5000系の3次車10両編成を10本の計100両受け入れて新たな活躍の場となった1000形は、前面形状が周辺の台形断面の部材で縁取りされ、さらに内側の上半分は粘着フィルムでつや消し黒色、また下側にはアンチクライマーが取り付けられていました。そして車体の塗装は日の出の赤、昼間の白、日没のオレンジを車体下部に配置したことで明るい色となり、また制御系や冷房装置も新たに変更しました。

こうして登場した1000形は京葉高速鉄道と乗入先である東西線で活躍をしていましたが、同社の後継車両である2000系が2004年から登場し、2006年に惜しくも引退しました。

京葉高速鉄道の初代の電車として活躍していた1000形。喜んで買取致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。