買取実績


マイクロエース・E751スーパーはつかり

photo

E751スーパーはつかり/交流専用の特急電車

写真は北東北の特急電車として活躍をしていますE751系です。先日前オーナー様からコレクションの一部を買取させていただきました。

東北地区の新幹線連絡輸送に使用されていた485系電車の置換用として誕生したE751系は、1999年から2000年にかけて近畿車輛と東急車輛製造で6両編成3本の合計18両が製造されました。登場したE751系は、さっそく盛岡駅~青森駅間の特急「スーパーはつかり」として2000年3月11日に営業運転を開始しましたが、翌年の2002年12月1日の東北新幹線が盛岡駅~八戸駅間を開業したことを受けて、今度は八戸駅~青森駅~弘前駅間を走る特急「つがる」での使用を開始しました。

E751系はE653系をベースとした車体構造ですが。客室はE653系の普通車と異なり、青森寄り先頭車の半室をグリーン席としクロハE750形としました。そのグリーン席の座席は従来運用していた485系と同じ横2列+2列の配置です。E751系の電気機器は、IGBT素子を使用したVVVFインバータ制御装置、主電動機・電動車ユニットの構成などはE653系と共通ですが、交流区間のみの運用であるため、直流電化区間で必要な回路構成は省略し交流 (20 kV/50 Hz) 専用として設計され、その代わり暖房容量の増強・出入り口の隙間対策・床下配管の保護など寒冷対策はE653系に比べて強化されました。また海峡線内で使用されている保安装置は未設置であるため、青函トンネルの走行はできませんでした。そのE751系ですがさらなる耐寒機能の改造を2006年から2007年にかけ行われ、前面排障器の形状変更と台車などの足回りを耐寒強化しました。そのことによって落成当初とは前面の形態が異なっています。

近年の北東北は、北海道新幹線の開業などで激変を重ねているのは皆様もご承知のとおりだと思いますが、E751系は4両編成に短縮した上で現在も「つがる」に使用されています。

モデルはマニアックな車両を出すことで有名なマイクロエースのE751系で、登場時の「スーパーはつかり」を再現しています。北東北の特急車両E751系。この商品を喜んで買い取りさせていただきます!

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」