マイクロエース・107系・0番台・日光線/4両

photo

107系0番台日光線4両/レトロ塗装の107系

主にJR東日本の北関東エリアで活躍をしています107系。マイクロエースから発売されていますこの商品を先日買取させていただきました。

107系は、1988年から1991年にかけて製造された直流型の通勤形電車です。同車両が投入される以前の日光線や両毛線は、主に急行形電車である165系が普通列車として投入されていましたが、当電車が新製から20年以上経っているために陳腐化と老朽化が頻繁に発生し、また沿線は近郊住宅街、学校が点在しているため、片側2扉の車体である165系には、朝夕の通勤・通学輸送に向いておらず、乗降の手間による遅延がよく発生していたのが現状でした。これらの要因を解決すべく誕生したのが107系です。

107系0番台は1988年5月~10月にかけて、JR東日本の大宮・大井・大船工場と新津車両所で製造された番台で、2両編成8本、合計16両製造されました。

小山電車区に配置された107系は日光線や両毛線に投入され、上記の問題をクリアーしたのみならず、長きにわたって同線の顔として活躍をしましたが、2013年のダイヤ改正で、全車が205系600番台に置換えられ、定期運用を終了しました。

モデルになっている日光線用の107系は車体上半部をアイボリー、下半部をクラシックルビーブラウン、そして境界を金色帯にしたレトロな風貌になっているのが特徴で、マイクロエースの長所である塗装やステッカーを忠実に再現しています。

2両編成や4両編成でも楽しめる107系日光線セット。是非買取させていただきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。