買取実績


マイクロエース・701系100・1000番台

photo

701系100・1000番台/仙台エリアの通勤電車

写真は東北本線の普通電車として活躍をしている701系です。先日前オーナー様からコレクションの一部であったこの商品を、買取させていただきました。

701系が登場した背景には、1990年代前半の東北地区の電化区間の普通列車は、電気機関車牽引による客車列車や455系などと言った急行で活躍をしていた電車が多く使われていました。これらの車両は主に2ドア車で車内はクロスシートで、通勤・通学時間帯は乗降時や車内がとても混雑をしていたことはみなさんも想像できるかと思います。1993年から運転開始をした701系はそういった車内の居住性を解決したのみならず、ワンマン化による合理化などを達成した交流電化区間用の車両です。

その中で100番台は1994年から1995年にかけてクモハ701形+クハ700形の2両編成が5本合計10両、とクモハ701形+サハ701形+クハ700形の3両編成が1本の総計13両がJR東日本土崎工場で製造された車両です。製造後全車が南秋田運転所に配置され、基本番台と共通で羽越本線や奥羽本線の普通列車として運用されていましたが、山形新幹線が新庄まで延長し、在来線だった奥羽本線山形~新庄間が標準軌になった関係で、2両編成が仙台電車区に1999年に転属されました。

1000番台は、盛岡エリアで活躍をしていた50系客車列車、また仙台エリアで活躍をしていた715系の置換用として1994年から1996年にかけて製造されました。クモハ701形+クハ700形の2両編成が38本合計76両とクモハ701形+サハ700形+モハ701形+クハ700形の4両編成が4本合計16両の総計92両が川崎重工業と土崎工場で製造された1000番台は、中間車のモハ701形は701系で唯一の中間電動車、また付随車サハ700形は蓄電池を装備するための車両で、0番台と100番台のサハとは別形式になっています。1000番台は基本的に0番台と100番台と同じですが、仙台エリアの仙山線へ入線することを考えてパンタグラフをPS105形に変更しているのが特徴です。

701系でも生まれた経緯が違う100番台と1000番台ですが、車体カラーと運用はともに共通で、現在も仙台エリアを中心に活躍をしています。仙台エリアの通勤電車であるこの商品を喜んで買取致します!

 

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」