買取実績


マイクロエース・E231系・800番台/4両

photo

E231系800番台/MT比に注目

首都圏で広く幅を利かせているE231系ですが、今回取り上げるのはその中でも一風変わった存在、800番台です。中央線と地下鉄東西線の直通運転で活躍していた103系1000・1200番台や301系を置き換えるべく、2003年に登場しました。地下区間での火災やテロを想定して前面に非常用貫通扉が設置されたほか、裾絞りを廃したため、E231系らしからぬスマートな印象を与えます。これらは常磐線~地下鉄千代田線で活躍する209系1000番台を基本としていて、この両車は非常によく似ていますね。また10両編成7本と少数派で、会えたらちょっとラッキーな車両でもあります。

特徴的なのは、MT比率が6:4と、M車の割合が高くなっていることです。筆者は調べていて初めて知ったのですが、実は地下区間は勾配が多く、相応の起動加速度が求められるのだそうです。現に、103系1000番台は8M2Tであり、落成時の301系に至っては6M1Tでした。地下区間に入線しない中央・総武緩行線用のE231系0番台は4M6Tなので、その違いは歴然としていますね。

写真は最近買い取りさせていただいたマイクロエース製のE231系800番台で、2009年に発売されました。その後、2011年にリニューアル品が発売されたことや、翌年にトミックスも製品化したことから、依頼主様は旧製品を査定に出されたとのことです。技術的な面を考えると、後に登場した商品のほうが再現度は高い傾向があります。もしも買い替えにより旧製品が不要になりましたら、売却を検討されてみてはいかがでしょうか。鉄道本舗が適正な査定額を提示いたしますので、ぜひお申し込みください。また査定に出される前は、車両の状態をチェックしていただき、少しでも汚れや不具合を少なくしていただくと、査定額のマイナスが少なくなります。

模型はNゲージのほか、Zゲージからライブスチームまで幅広く扱っています。また模型のみならず、プラレール、DVD、記念品、廃車発生品など鉄道に関連する品物であれば基本的に「なんでも」査定いたしますので、お気軽にご相談ください!

Posted in 定番の買取実績 | Tagged | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」