買取実績


マイクロエース・JR・485系・「華」

photo

485系ジョイフルトレイン「華」

現在も活躍しているお座敷電車

写真はJR東日本で現在でも活躍をしているジョイフルトレイン「華」です。電車のみならず客車などのジョイフルトレインを多くリリースしていることで知られているマイクロエース製を先日買取させていただきました。

ジョイフルトレイン「華」が登場する以前、JR東日本東京地域本社には、和式車両をお座敷客車のなごやか、同じく展望車が付いた「江戸」、そしてお座敷電車の「宴」の3編成の保有していました。主に中・高年代の団体輸送に使用されてきたこれら列車ですが、客車編成であった「なごやか」と「江戸」は国鉄時代に誕生した12系を改造した客車であったため、老朽化が著しく、また機関車による牽引であるため速度面では電車に劣り、首都圏での運行にはダイヤ作成上の障害となっていたのが現状でした。こうして誕生したジョイフルトレイン「華」は、客車列車の「なごやか」の後継車両として1997年に誕生しました。

ジョイフルトレイン「華」は交直両用の電車として知られる485系からの改造車で、改造後は先頭車がクロ484形とクロ485形、中間車はモロ484形とモロ485形となりました。また各車両の番号はすでに登場していた「リゾートエクスプレスゆう」と「宴」からの続番としました全車両がグリーン車扱いである。心やわらぎ、楽しめる空間の提供をコンセプト・デザインにした華は、車体外観は角のないやわらかさ、そして上品なカラーとして知られている紫色を基調したデザインにしました。

その客室は木目調を基調としたデザインで、お座敷車両ということで畳式の中に長時間の乗車でも快適に過ごせるように掘り炬燵構造、さらに乗降客は一度靴を脱いだら他の車両への移動も靴を脱いだままで可能とするように配慮され、畳の下にはスライド式下足入れが設置されました。そしてお座敷列車の定番というべき各車両にはオートチェンジャー・ワイヤレスマイク・リモコン選曲式のカラオケ装置が設置されました。そして編成の前後には展望室フリースペースの展望室を設置。車両からの景色を飽きないものにしています。

現在は高崎車両センター配置されているジョイフルトレイン「華」。大胆な車体と485系で見られる屋根周りを忠実に再現をしているモデルになっています。この商品を買い取りさせていただきます!

 

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」