205系・通勤形直流電車

photo

横浜線の205系/実は今も現役!

Nゲージの205系です。緑・黄緑の帯を巻くタイプで、横浜線で活躍していました。同線は205系の投入線区としては山手線に次ぐ二番目で、1988年に登場。当初は写真のように7両編成でしたが、1994年に6扉車が追加されたために8両となり、以後横浜線における編成両数のスタンダードとなりました。

横浜線は貨物や臨時が走ることが少なく、直近では新型・E233系が営業運転を開始したことで久々に話題に上がりました。205系の末期には「ありがとう」のヘッドマークが取り付けられ、沿線には連日ファンの姿が。実は私もその一人でしたが、横浜線ではなかなか見られない光景だなあとしみじみ思ってしまいました(笑)

引退後、205系は廃車となった車両もありますが、多くの車両がインドネシアに譲渡され、今も活躍しています。ここ数年、E233系が大量投入されたことで日本では減り続けていますが、こうして海外で活躍していると思うと胸が温かくなりますね。

205系は製造量数が多い分、帯色をはじめとする外見に多くのバリエーションがあります。もしご自宅に余らせている205系グッズがありましたら、ブンブンジャレコトレインズまでお気軽にご相談ください。模型、方向幕、号車札など何でも買い取りいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。