E230系900番台・通勤電車・まとめ売り/4両

photo

E231系900番台総武緩行線/JR東日本第二世代電車の試作車両

中央・総武緩行線で活躍をしているE231系900番台の増結4両を先日買取させていただきました。

国鉄民営化直後の中央・総武緩行線は、国鉄時代から引き継いだ103系、201系が活躍をしていましたが、1998年に置換用として誕生したのがE231系900番台です。

登場時は209系950番台と名乗っていた同車は、ほぼ同じ時期に生産を行っていた209系500番台と車体などといった構造系は一緒ですが、電車の心臓部ともいうべき制御や動力系は異なった仕様に変更され、さらに列車情報管理システムも一新させ、のちに登場する同形式の技術的な基礎を確立した電車でもあります。900番台と試作車番号ということでVVVFインバータを三菱電機・日立製作所製の2種類1ユニットを搭載しているのも同電車の特徴でした。

登場当時は性能試験を中心に行われた同車は、翌年の1999年から営業運転を開始、量産車の基礎を作ったのち、2000年にE231系900番台へと改番、そしてその年の鉄道友の会が制定しているローレル賞を受賞しました。

モデルはE231系900番台の増結車両4両で、アームパンタグラフのPS33や側面の窓廻りなど忠実に再現をしています。

今も中央・総武緩行線で活躍をしているE231系900番台。この商品を喜んで買い取りさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。