IGR・いわて銀河鉄道

photo

いわて銀河鉄道IGR7000系/星の輝きをイメージした電車

写真はIGRいわて銀河鉄道の主力電車として活躍をしていますIGR7000系です。マイクロエースからリリースされた4両セットを前オーナー様から買取をさせていただきました。

IGRいわて銀河鉄道は、岩手県盛岡市の玄関口である盛岡駅と青森県三戸町の目時駅を結ぶ間を結ぶ全長82kmの鉄道です。2002年に東北新幹線盛岡~ 八戸間開業に伴い、並行在来線としてJR東日本から経営分離されたことで誕生したIGRいわて銀河鉄道。東北本線時代には701系が活躍をしていましたが、それを一部譲渡する形で誕生したのがIGR7000系です。岩手の夜空のイメージであるスターライトブルー、そして星の輝きのイメージであるスターライトイエローの帯を施してあるIGR7000系は、目時方が制御電動車のIGR7001形、盛岡方が制御車のIGR7000形の2両編成の電車です。

現在7本合計14両が在籍をし、7000系0番台がJR東日本からの譲受車で、7000系100番台が新造車です。IGR7000形は同線のほか、目時から八戸間を結んでいる青い森鉄道線、そのほかJR東北本線の盛岡~北上間でも運用されています。

短編成であるため、小さい運転会でもぴったりのいわて銀河鉄道IGR7000系。マイクロエースらしく塗装や屋根回りなどを忠実に再現をしています。この商品を喜んで買取させていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。