買取実績


KATO・キハ181系・初期形/7両

photo

非電化区間のエース、キハ181系

キハ181系は既に非電化区間の特急形車両として活躍していたキハ80系の改良型として1968年(昭和43年)から1972年(昭和47年)にかけて製造されました。キハ80系では旧式のDMH17Hエンジンが使われ出力不足が問題視されていたためキハ90系試作車において大きな出力となるようエンジンの開発、試験を行いました。それらの結果を踏まえてエンジンの出力を向上させたキハ181系が登場、勾配の多い線区を中心に順次投入されていきました。デザイン面では大変好評であったキハ82系のような貫通型を採用していますがキハ82系とは尾灯や警笛の位置が異なるなどの違いが見られるため比べてみるのもおもしろいですね。JR西日本の特急「はまかぜ」を最後に引退、ほとんどが廃車・解体されてしまいましたが一部の車両は海を渡りミャンマーで新たな活躍を始めています。

今なお多くのファンに愛されているキハ181系をKATO(カトー)が製品化、品番10-1117のキハ181系初期形7両セットの買取りをしてまいりましたのでご紹介いたします。初期形ということでタブレットキャッシャーやトイレタンクの無い製造開始直後の姿を再現しています。所属を名古屋第一機関区としておりトレインマークには「しなの」がセットされていますが「つばさ」や「おき」などのトレインマークも交換用に含まれているため思い思いの列車が楽しめます。

鉄道本舗ではNゲージ鉄道模型や1/80・16.5mmゲージ鉄道模型、鉄道書籍に鉄道グッズなど鉄道に関する幅広い買取りを行っております。コレクションしてきたものを整理したいけど捨てるのはもったいないですよね、そんな時こそ弊社にお任せください、鉄道専門だからできる確かな目と査定ノウハウで高額査定をお約束いたします。買取り希望商品をダンボール箱に入れて送料着払いで弊社までお送りいただく宅配買取りサービスも行っております。送付用ダンボール箱と買取り申込書、宅配伝票を合わせた宅配買取りキットを無料にてご用意しておりますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」