KATO・スーパーこまち・基本+増結/7両(Nゲージ)

photo

E6系/最速のミニ新幹線車両

写真は、先日買取らせていただいたE6系新幹線です。鉄道本舗では、ご自宅で不要となった鉄道模型を買取っております。1両からまとめ売りまで承っているほか、コントローラー、レール、ストラクチャーなど関連品も査定いたします。出張または宅配のどちらかにより買取りますので、お気軽にご相談ください!

E6系は秋田新幹線のE3系を置き替えるため、2013年に営業運転を開始しました。当初は従来のE3系「こまち」と区別するため、「スーパーこまち」の愛称が設定され注目を集めました。盛岡~秋田間は田沢湖線・奥羽本線の線路を使用することから、在来線の車両限界で設計されており、通常の新幹線車両よりも小型となっています。よって秋田新幹線や山形新幹線などの車両、および新幹線~在来線直通の運行方式を指し「ミニ新幹線」と呼ばれています。

E6系が投入されたことで、東北新幹線内では2011年に登場していたE5系との併結列車が増加。多くの列車がスピードアップしました。現在、宇都宮~盛岡間において320km/h運転が行われており、最高速度300km/hの山陽新幹線(N700系「のぞみ」「みずほ」「さくら」)を抜き、国内で最も速い営業列車となっています。それ以外の区間では最高速度が抑えられており、今後、320km/h区間が拡大するのか注目されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。