買取実績


KATO・183系・グレードアップあずさ

photo

高速バスに対抗、183系

総武本線、外房線、内房線で運転されていた急行列車が特急列車へと格上げされるにあたって1972年(昭和47年)から登場した183系、ぱっと見た感じは485系に大変良く似ていますが183系は直流電化区間専用の車両であるため485系のような交流電化区間向けの機器は搭載していません。また、485系に付いていた運転席上のライトは通過するトンネルの大きさの問題から設置されていませんし、汎用性を高めるため末端区間においては普通列車としても運用できるように乗降用のドアが1両当たり2か所設けられているなどの特徴があります。

翌年の1973年(昭和48年)からは新宿~松本間の特急「あずさ」にも充当されるようになり1985年(昭和60年)には全て183系1000番台と信越本線横川~軽井沢間におけるEF63との協調運転を可能にした189系に置き換えられました。国鉄が民営化されJR東日本となった頃から並行する高速道路の整備が進み高速バスとの競争が激化、JR東日本は塗装変更をはじめ座席の交換やシートピッチの拡大など既存車両の改造を行った「グレードアップあずさ」の運転を開始することで対抗しました。

改造を受けグレードアップした姿の183系をNゲージ鉄道模型メーカーであるKATO(カトー)が発売、品番10-181の183系グレードアップあずさ7両セットの買取りをしてまいりましたのでご紹介いたします。実車は9両編成ですが7両編成でも十分に雰囲気は楽しめると思います。グリーンとレッドのストライプで国鉄色とは違った明るい印象のこちら、もはや貴重となった国鉄型の車両を模型の世界で再現してみてはいかがでしょうか。

鉄道本舗では鉄道模型や鉄道おもちゃ、鉄道に関する資料など鉄道に特化した幅広い買取りを行っております。買取り希望商品をダンボール箱に入れて送料着払いで弊社までお送りいただく便利な宅配買取りサービスもぜひご利用ください。送付用ダンボール箱と買取り申込書、宅配伝票を合わせた宅配買取りキットを無料にてご用意しておりますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」