買取実績


KATO・183系・グレードアップ・あずさ

photo

この写真は183系の鉄道模型の写真です。1972年に国鉄が設計・製造した車両です。181系の後継車両にあたります。183系をベースとして協調運転を可能にした189系とJR西日本が485系を改造した183系がありました。

183系の0番台は内房線・外房線の電化完成と総武線の地下駅乗入れ用の特急電車として登場しました。現在は、老朽化に伴い後継車両がデビューしたため0番台を見ることはできません。

183系1000番台は主に上信越線で運用されていました。上信越線では特急「とき」・「あさま」として運用されてきた181系の老朽化が問題視されていました。また、輸送力増強のために新車を投入する必要も出てきました。1973年12月から1974年2月にかけて豪雪が襲い、181系特急「とき」・「あさま」が長期間運休する事態が発生しました。183系は雪に耐えられる車両として設計されました。

JR東日本・中央線に並行して走る中央自動車道の高速バスとの競争が1987年に激化しました。競合する高速バスに対抗するために183系グレードアップあずさが導入されました。グリーンとレッドのストライプを配したフレッシュなイメージのボディカラーで、乗り心地が良くなりました。現在、183系は上越新幹線の開業とE257系など後継車両が導入されたことにより現在は運用から外れています。

最後に、鉄道本舗では183系グレードアップあずさの買取りを行っています。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」