KATO・183系・1000番台・一般特急色/7両

photo

183系1000番台/上越線最後を飾った特急電車

写真はレイルファンに人気の特急色を施している183系です。KATOから発売されています7両セットを先日買取させていただきました。

東京から新潟へは、上越新幹線が開業する前は上越線の特急ときが走っていました。そのときに使用した車両が1960年代に製造された181系でしたが、老朽化に伴い置換用として誕生したのが183系です。鉄道友の会ブルーリボン賞も受賞した183系は、1972年に当時の国鉄が設計・製造した直流型の特急形電車で、上越線のみならず信越本線の特急車両に備え付けられていた横川~軽井沢間で運転されていたEF63との協調運転装置を省略する形で製造された車両でもあります。新製当時は新潟運転所上沼垂支所に配置されました183系ですが、その後先頭部の貫通路と貫通扉を廃止した1000番台も誕生しました。貫通扉を廃止した理由は、上越地方という豪雪ならびに寒冷地という特性上、貫通扉から入ってくるすきま風を防止のためで、そのほか雪害対策として後方の屋根回りなどを監視できるよう運転台後方に監視窓も設置しました。

こうして誕生した183系1000番台は上越線や高崎線の特急電車で活躍をしましたが、活躍していた上越線に並列した形で上越新幹線が1982年に開業し、183系1000番台は中央線などに転属しました。

モデルは当時上越線で活躍していた姿を再現しています。今なおレイルファンに人気の183系1000番台。是非買取いたいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。