買取実績


KATO・189系・あずさニューカラー増結/4両

photo

ニューカラーのあずさ、189系

189系は183系をベースに1975年(昭和50年)に登場、最大66.7パーミルの急勾配で有名な信越本線横川~軽井沢間の碓氷峠を通過する際に補助機関車であるEF63形との協調運転を可能にした装備を施しているのが特徴です。もともとこの区間を走る電車は台枠や連結器の強化など通称横軽対策を施された車両が使用されEF63形の推進・牽引による無動力運転を行っていました。しかし推進・牽引による運転は最大8両編成までとされ輸送力に限界があることや既存の181系では老朽化が進行していたことで新たな車両が求められていました。当初は上野から信越本線を経由して長野へと向かう特急「あさま」に充当されていましたが1997年(平成9年)に長野新幹線が開業したことで活躍の場を中央本線へと移しています。その際にカラーリングをグレーとブルーに変更し特急「あずさ」としての活躍を開始しました。

そんなニューカラーとなった189系のNゲージ鉄道模型をKATO(カトー)が製品化しており買取りをしてまいりましたのでご紹介いたします。品番は10-427の189系(あずさ)ニューカラー4両増結セットになります。こちらのセットに品番10-426の7両基本セットを組み合わせることで11両編成を再現することができます。側面の窓が大型化されたタイプと従来の大きさのままのタイプがセットされているため実車同様にバラエティ豊かな編成がお楽しみいただけます。

フル編成を揃えたくて基本セットと増結セットを購入したけどスペース的に走らせることができず増結セットが余っているという方はいらっしゃいませんか?箱に入れたままではもったいないですよね、そのようなことでお困りの時こそ鉄道本舗にお任せください!弊社では鉄道模型をはじめ鉄道部品、鉄道に関する資料など鉄道に特化した幅広い買取りを行っております。実際の店舗を持たないインターネット販売と鉄道専門だからできる独自の査定ノウハウで他店に負けない高額査定をお約束いたします。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」